〜PENTAX MZ-S〜




 
形式
TTLストロボ内蔵、TTL自動露出、AF 35mm判一眼レフカメラ
マウント
ペンタックスKAF2マウント
従来のK・KA・KAFマウントレンズ使用可能
ピント方式(AF方式)
AFシングルモード、AFサーボモード、マニュアルモード 選択
オートフォーカス機構
オートフォーカス、マニュアルフォーカス選択
AF機能
オートフォーカス、マニュアルフォーカス、スナップインフォーカス
検出方式
TTL位相差検出方式6点測距(SAFOX IV)
検出輝度範囲
EV-1〜18(ISO 100、F1.4レンズ)
露出モード
レンズAポジション:プログラムAE、シャッター速度優先AE
レンズMポジション:絞り優先AE、マニュアル、バルブ
ハイパーオペレーティングシステム搭載
測光範囲
EV0〜21(ISO100 F1.4レンズ使用時)
感度範囲
ISO25〜5000 DXコード付フィルム対応、マニュアル時ISO6〜6400
露出補正
-3〜+3段 1/2段ステップ
ファインダー
ペンタプリズム式一眼レフレックス方式
フォーカシングスクリーン
ナチュラルブライトマット
視野率・倍率
92%×92%(短辺×長辺)、0.75倍
視度
-2.5〜+1.5調整可能
シャッタ−
電子制御式縦走行フォーカルプレーンシャッター
シャッター速度・シンクロ速度
1/6000秒〜30秒〜B・1/180
セルフタイマー
作動時間12秒/2秒、PCV音、途中解除可
巻き上げ
2.5コマ/秒、1コマ撮影切替
フィルム装填
オートロディング、オートリターン、途中巻戻し可
撮影データの写しこみ
パーフォレーション部に印字。
・フィルム先頭部:フィルム番記、ISO値、印字濃度設定
・各コマ=露出モ-ド,測光モ-ド,Tv値,Av値,露出補正値,オ-トブラケット
電源
3Vリチウム電池(CR-2)2個
大きさ・重量
136.5mm(幅)×95mm(高さ)×64mm(奥行)、520g
発売年・発売価格
2001年5月、135,000円。
購入年・購入価格
2008年9月、35,000円。
ココが○
標準で撮影データをフィルムに印字できる。
撮影データの印字がコマ間でなく、パーフォレーション部と言うのも便利。
どの撮影モードからでも瞬時に切替の出来るハイパーオペレーティングシステム。
ミラー動作がサーボモーター系なのか、ミラーショックは少ない。
大きく見えるが持ってみると意外と小さいボディは、剛性の高いマグネシウム製。
横位置と同感覚でグリップ出来、コンパクトなバッテリーグリップBG-10
斬新なデザイン。
ココが×
シャッター速度、連続巻上げ速度、ファインダー視野率・倍率、どれをとっても中途半端なスペック。
MZ-3よりは良くなったが、他社と比較すると貧弱なAF性能。
バッテリーグリップBG-10にシャッター速度用のダイヤルが欲しかった。
好き嫌いの分かれるデザイン。
ミラー動作がサーボモーター系なのか、シャッター速度に限らずモッサリした動きでブラックアウトする時間も長い。
アイピースカップが外れやすく、肩から掛けていると良く落とす。

Camera INDEX