〜Nikon F6〜




 
形式
35mm判フォーカルプレーンAE・AF一眼レフカメラ
レンズ
ニコン Fマウントレンズ
マウント
ニコン Fマウント(AFカップリング、AF接点付き)
ピント方式(AF方式)
オートフォーカス、マニュアルフォーカス選択
フォーカスエリア
シングルエリアAFモード、ダイナミックAFモード、グループダイナミックAFモード、至近優先ダイナミックAFモード
AF機能
シングルAFサーボ、コンテニュアスAFサーボ、マニュアルフォーカス
検出方式
TTL位相差検出方式(マルチCAM2000オートフォーカスモジュール)
検出輝度範囲
EV-1〜19(ISO 100)
露出モード
プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル
測光方式
3D-RGBマルチパターン測光、中央部分重点測光、スポット測光
測光範囲
3D-RGBマルチパターン測光:EV0〜20
中央部分重点測光:EV0〜20
スポット測光EV2〜20 (常温、ISO100 F1.4レンズ使用時)
感度範囲
ISO25〜5000(1/3EVステップ)
マニュアル時:ISO 6〜6400
DXコード付フィルム対応
露出補正
-5〜+5段 1/3段、1/2段、1段ステップ
ファインダー
ペンタプリズム固定式一眼レフレックス方式
フォーカシングスクリーン
B型クリアマットスクリーンII改
交換スクリーン
標準のB型クリアマットスクリーンII改含め6種類
視野率・倍率
100%×100%(短辺×長辺)、0.74倍
視度
-1diopt。-2〜+1調整可能
アイポイント
ハイアイポイント 18mm
シャッタ−
電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッター速度・シンクロ速度
1/8000秒〜30秒〜B・1/250(オートFPハイスピードシンクロ時:1/8000秒)
セルフタイマー
作動時間10秒、LED点滅、途中解除可
巻き上げ
CH:5.5コマ/秒、CL:2コマ/秒、CS:1コマ/秒、S:1コマ巻上げ
MB-40使用時
CH:8コマ/秒、CL:4コマ/秒、CS:2コマ/秒、S:1コマ巻上げ
フィルム装填
オートロディング
フィルム巻戻し
自動巻戻し、R1、R2レバー操作による強制巻戻し、手動巻戻し可
多重露出
無制限で可
電源
MS-41使用時:CR-123A 2本
MB-40使用時:単三アルカリ・リチウム・ニッケル水素電池 8本
MB-40+BL-3使用時:EN-EL4 1個
大きさ・重量
157mm(幅)×119mm(高さ)×78.5mm(奥行)、975g
MB-40装着時:157mm(幅)×160mm(高さ・実測値)×78.5mm(奥行)、1255g
発売年・発売価格
2004年10月、315,000円。
購入年・購入価格
2015年8月 83,800円(中古) MB-40:23,800円
ココが○
ファインダーの見え具合の良さ。
AF動作の速さ・力強さと正確さ。
どんな光線具合でも、かなり正確な値を出してくれる露出計を内蔵している。
縦位置グリップMB-40を含め、握りやすく疲れにくいグリップ。
詳細な撮影データが記録出来る。
36枚撮りで37枚撮れるのはちょっと得した気分(笑
ココが×
撮影データをエクセルで読み出すのがMINOLTAと比べると面倒。
エクセルで読み出した撮影データのインデックスが、
例えば「レンズ絞り値」の標記が「Lens maximum aperture」と長く、
A4用紙1枚に印刷しようとすると難儀する。
MINOLTAの場合、「レンズ絞り値」は「FNo.」と短く、A4用紙1枚に印刷し易い。

Camera INDEX