〜レンズ・CONTAX製 Carl Zeiss Y/C(短焦点)〜


〜単焦点レンズ〜

Carl Zeiss DistagonT* 28mm F2.8 MMJ 46,000円
カメラの愛好堂にて2014年4月20日、32,000円で購入。

レンズ構成:7群7枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.25m
フィルター径:55mm
最大径×全長・重量:62.5x50.0mm・重量:280g

28mmF2.8の単焦点レンズとしては一般的な大きさ。
ピントリングも絞りリングも幅が在り使いやすい。

因みに私が所有するのはシリアルが684万番台なので後期型。

DistagonT* 28oF2という有名なレンズの陰に隠れがちだが、
コンタックスらしい艶っぽい発色をするが少々クールな感じで、
歪曲収差は余り感じないが、絞り開放だと周辺光量不足を感じる。

尖った描写はしないが描写が破綻する事も無い、
優等生的なレンズで良く写り、模範的でもある。
面白みは感じないが、安心して使えるレンズであるが、
近接撮影時の画質はあまり良くない感じ。

個体の問題か、AriaのデータバックD-9との相性が悪いのか、
絞り値が時々半段ほどズレて記録される事が在る。
Carl Zeiss DistagonT* 35mm F2.8 MMJ 46,000円
チャンプカメラにて2012年8月11日、24,000円にて購入。

レンズ構成:6群6枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.4m
フィルター径:55mm
最大径×全長・重量:62.5x46.0mm・重量:245g

35mmF2.8の単焦点レンズとしては一般的な大きさ。
ピントリングも絞りリングも幅が在り使いやすい。

因みに私が所有するのはシリアルが794万番台。

コントラストが高いが素直で自然な発色の、
優しい描写のレンズだが、
悪く言えば、平凡で地味な写りをするレンズ。

際立った特徴は無いが、
開放から使えるし、ボケ味も悪くないし、逆光に弱い訳でもない。

Planar T* 50mmF1.4 MMJに比べると、大人しい描写をするレンズ。
Carl Zeiss PlanarT* 50mm F1.4 MMJ 44,000円
カメラの極楽堂にて2012年4月29日、39,800円で購入。

レンズ構成:6群7枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:0.45m
フィルター径:55mm
最大径×全長・重量:62.5×4.01mm・重量:275g

50mmF1.4の単焦点レンズとしては一般的な大きさ。
ピントリングも絞りリングも幅が在り使いやすい。

因みに私が所有するのは、
シリアルが809万番台なので中期後半かな。

コントラストはやや控えめで、
コンタックスらしい少しアンバー系を帯びた艶っぽい描写をし、
とろけるようなボケが美しいが、稀にうるさいボケになり驚く。
逆光にも比較的強いと思う。

Web等で色々書かれていて期待が先行するレンズだが、
過度の期待をするとがっかりするが、使いやすく良いレンズ。

欠点は、絞り羽根に円形絞りを採用していないので、
ボケに点光源が在ると、六角形になってしまう事と、
ピントの山がつかみにくい事かな。
Carl Zeiss SonnarT* 85mm F2.8 MMG
イトウカメラにて2018年4月22日、29,000円で購入。

レンズ構成:4群5枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:1.0m
フィルター径:55mm
最大径×全長・重量:62.5×47.0mm・重量:255g

85mmF2.8の単焦点レンズとしては一般的な大きさ。
ピントリングも絞りリングも幅が在り使いやすい。

因みに私が所有するのはシリアルが843万番台のドイツ製。

PlanarT* 85oF1.4という有名なレンズの陰に隠れがちだが、
侮るなかれ、抜けの良いシャープな描写で、
コントラストが高く鮮やかな発色が素晴らしいレンズだが、
諧調は少し劣る感じ。

コンパクトな鏡胴は、コンパクトなボディのAriaとベストな組み合わせだが、
純正フード(No.5+55/86リング)を装着すると、かなり巨大化してしまい、
折角のコンパクトさをスポイルしてしまうのがマイナス。

あと、他メーカーの85oより少し焦点距離が長いかもしれない。
Carl Zeiss SonnarT* 135mm F2.8 MMJ
松屋カメラにて2018年6月23日、21,600円で購入。

レンズ構成:4群5枚
絞り羽根:6枚
最近接撮影距離:1.6m
フィルター径:55mm
最大径×全長・重量:68.5×93.0mm・重量:255585g

135mmF2.8の単焦点レンズとしては一般的な大きさ。
ピントリングも絞りリングも幅が在り使いやすい。

因みに私が所有するのはシリアルが661万番台の日本製。

135oF2.8なんて枯れたスペックのレンズだが、
比較的安価でコンパクトなレンズなのに、
絞り開放から画面隅々まで均一でシャープ。
レンズ構成が少ないからか、
クリアな描写でボケも綺麗な素晴らしいレンズ。

欠点は、最短撮影距離が1.6mと少々遠い事と、
組み込みフードは短く、
純正フード(No.5+55/86リング)を装着すると、かなり巨大化する事。

画像の無断使用・転載・直リンクは禁止します。

〜CameraINDEX〜