〜CONTAX AriaD〜


 
形式
電子制御自動露出式35mm一眼レフフォーカルプレンシャッターカメラ
レンズ
コンタックス/ヤシカ レンズ
マウント
コンタックス/ヤシカ MMマウント
測光方式
TTL評価測光/中央重点平均測光/スポット測光 切替式
自動露出範囲
EV2〜20(ISO 100、F1.4)
露出モード
プログラムAE、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル
感度範囲
DXコード時:ISO25〜5000、マニュアル時:6〜6400
露出補正
-2〜+2段 (1/3段ステップ)
ファインダー
ペンタプリズム式一眼レフレックス方式
フォーカシングスクリーン
水平スプリット/マイクロプリズム式(FU-4)
視野率・倍率
95×95%(短辺×長辺)、0.82倍
シャッタ−
電子制御式布幕フォーカルプレンシャッター(縦走り)
シャッター速度・シンクロ速度
1/4000秒〜16秒〜B・X(1/125)
セルフタイマー
電子式、作動時間 約10秒
巻き上げ
3コマ/秒、1コマ撮影切替
フィルム装填
オートロディング、オートリターン途中巻戻し可
多重露出
標準で2回、再度設定すれば無制限で可能
電源
3Vリチウム電池(CR-2)2個
大きさ・重量
137mm(幅)×92.5mm(高さ)×60.5mm(奥行)、505g
発売年・発売価格
1998年、132,000円。
購入年・購入価格
2012年4月 49,800円
ココが○
撮影データ(シャッター速度、絞り値、露出補正値、露出モード)がフイルムに記録が出来る。
CONTAX唯一のTTL評価測光を採用。
軽量コンパクトなボディ。
上位モデルのRTS IIIより見やすいファインダー。
ココが×
華奢な感じがして、磨き甲斐の無いプラスチックボディ。
劣化しやすいボディやデータバックD-9のラバー部。
ファインダー内表示が見難い。

Camera INDEX