〜MINOLTA α-70〜




 
形式
35mm判フォーカルプレーンAE・AF一眼レフカメラ
レンズ
ミノルタ αレンズ
マウント
ミノルタ Aマウント
ピント方式(AF方式)
オートフォーカス、マニュアルフォーカス選択
ワイドフォーカスエリア
ワイドフォーカスエリア(中央クロス、9点8ライン)、スポットフォーカスエリア選択
AF機能
自動切換え、コンティニアス、ワンショット、ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)の3モード切替可能
検出方式
TTL位相差検出方式(多点測距)
検出輝度範囲
EV-1〜18(ISO 100)
露出モード
プログラムAE(Pa、Ps可能),、絞り優先AE、シャッター速度優先AE、マニュアル
測光範囲
EV4〜20(ISO100 F1.4レンズ使用時)
感度範囲
自動設定時:ISO25〜5000、手動設定時:ISO6〜6400
フラッシュ使用時:ISO 25〜1000推奨
DXコード付フィルム対応
露出補正
-3〜+3段 1/2段ステップ
ファインダー
ルーフミラー式一眼レフレックス方式
フォーカシングスクリーン
スフェリカルアキュートマット
交換スクリーン
なし
視野率・倍率
90%×90%(短辺×長辺)、0.7倍
視度
-1diopt。-2〜+1調整可能
アイポイント
ハイアイポイント 16.0mm(接眼より13.0mm)
シャッタ−
電子制御式縦走りフォーカルプレーンシャッター
シャッター速度・シンクロ速度
1/2000秒〜30秒、B(新品電電池使用時:約5時間)・1/90
セルフタイマー
作動時間10秒、途中解除可
巻き上げ
3コマ/秒、1コマ撮影切替
フィルム装填
オートロディング、オートリターン途中巻戻し可
多重露出
無制限で可
電源
3Vリチウム電池(CR-2)2個
大きさ・重量
135.0mm(幅)×92.0mm(高さ)×65.5mm(奥行)、375g
発売年・発売価格
2004年1月、オープン価格
購入年・購入価格
2011年12月 6,825円(中古)
ココが○
軽量コンパクトで、エントリーモデルなのに上級モデル並の操作性。
アルミ合金製上部カバーと金属製マウントを採用している。
シーンセレクトでなくフルモードAEが、一動作で使える撮影モードダイヤルを装備。
+3.0〜-3.0までの幅の広い露出補正と、段階露出が使える。
厚みを増して使いやすくなったフロントダイヤル。
AF/MFの切替ボタンが操作しやすい位置にある。
ココが×
ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)時に、
合焦後AF連動ピンが収納される時の動作音が五月蝿い。
リモートコードRC-1000を含め、レリーズが使えない。
ストロボ発光部が剥き出しで、ちょっとした事でストロボが上がってしまう。
クォーツデート用に別電源を持っていないので、電池を抜いておくと日付がリセットされ、
電源をれるたびに2004.1.1と点滅し、使わない機能なのでちょっと目障り。
残念ながら、maid in china。

Camera INDEX