記事タイトル:教えて下さい 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 長崎ばってん   
川上さま

早速のご回答書き込みありがとうございます。
詳しいご説明のおかげで未知のルートへの心配が薄らぎました。

いよいよ暖かくなる日が待ちきれない思いですが、事故のない様十分気をつけて
九重の山歩きを楽しみたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。

お名前: 川上   
さてさて、ルートに関してですが、中岳から白口谷を経由して法華院キャンプ場に降りるルートは、確かに急で崩壊箇所もいくつかあります。
 しかしゆっくりじっくり行けばそれほど厳しいルートとは思いません。 
 毎年僕達は草刈機を背負って整備しております。
 また、迷わぬよう黄色のペンキで所々に道しるべをつけています。
 それに従って降りていけば問題ないと思います。
 でもまあ初心者には勾配がきついかなあと思ったりもするのですが、
 数年前にくらべるとずいぶん整備されてかなりの登山客が利用しているようですよ。
 白口岳から鉾立峠への登山道も同様にかなりの勾配ですが、
 白口谷コースに比べると岩場も少なく、
 どとらかというとこちらのほうが楽なのではと思います。
 たしか降り始めにロープを使用するところがありますが、
 それ以外はたいして問題はないと思うのですが。
 ただ、こちらの登山道の草刈は数年やっていないため、
 夏は草に覆われて登山道が隠れてしまう可能性はありますね。 
 しかし鉾立峠が見えているため(ガスがかかっていないと)
 安心感はあります。

 立中山から大船山へと向かうルートは去年の夏に大変な思いをして開いたルートです。
 切り開く前は僕自身何度も迷った登山道です。
 しかし今では立中山の頂上から右へと向かうと所々にテープが貼ってあります。
 そのテープにしたがって行けば迷う事はないと思います。
 おそらくテープがなくても迷わないのではと思ったりもします。
 それほどかなりの登山客が通っているようですよ。

お名前: 長崎ばってん   
川上さん、そして九重を楽しんでおられる皆さんこんばんは。

われわれ二人は九重はまだ駆け出しの実年夫婦です。宜しくお願い致します。

今日はルートのことを教えていただきたくてお邪魔しました。
昨年11月に1年の登り納めに、長者原発→御池→坊がつる→長者原着の周回コースに
チャレンジした時、白口分かれで出会った人から白口谷は崩落が多くて危険だからと
言われ、白口岳に登りました。しかし下り口から鉾立峠を見下ろしたら垂直に見えて
足が震えて結局、稲星、久住山を通って久住分かれから来た道を帰りました。

しかし後日、くじゅう日記の中で、カツヒサ君が法華院ツァー一行を白口谷を通って
案内したことが描かれているのをみて、本当に危ないところなのかわからなくなりました。

また白口岳→鉾立峠の下りルートは、その日我々はルートマップに書いてあるがまま中岳から
白口分かれへの急な下りを岩に手をかけながら降りて怖かったと思ったのですが
そこ以上に急なのでしょうか。

どんな小さな体験談でも結構です。駆け出し夫婦へ、どなたかアドバイス書き込み宜しくお願い致します。

そして川上さん、昨年の暑い夏に切り開かれた立中山-大船山3合目ルートを暖かくなったら
是非歩いてみたいのですが、失礼ながら目印のテープは駆け出しもんにもわかるでしょうか。
草や木が茂ってきても大丈夫でしょうか。

雪が消えて暖かくなったらあそこもここもと、楽しみに待っているのですが、夫婦の中では
一応私がリーダーですので、初ルートは楽しみ半分不安半分です。

九重を楽しんでいる人がそばにいませんので、くじゅう日記を含めてネットでの情報は
我々夫婦にとっては貴重なものとなっています。

皆さん、書き込み宜しくお願い致します。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る