記事タイトル:坊がつる山小屋日記 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: かわかみ    
 こんにちは。
 本読んでいただいてありがとうございます。
 本が発売されたのはもう一年前になりますから、
 日記での出来事はすでに2、3年前のことになりますね。
 僕自身はなんだか遠い昔の出来事のような気がしています。
 今年は写真集の製作に夢中だったので、
 くじゅう、と聞いて思い出すのは山荘ではなく、山々ですね。
 写真を整理していくうちにくじゅうの魅力を改めて実感、という感じかな。
 心の中でどんどん大きくなっていく存在です。

 夏はキャンプがいいですね。
 坊がつるでは一度しかしたことないですけど、
 テントから出た時の開放感がたまりませんねえ。
  
 

お名前: 丸とも   
読みました。楽しく面白く、そして写真も素晴らしかったです。
くじゅうの山は、一通り登りましたが、この日記の事を知っていたらもっと楽しい山行きになったのにと思いました。
法華院にも、一度宿泊したことがありますが、中盛り明菜ならず
大盛りうたえもん?を頼み、その盛りの良さに、目がてん・・・
残しては、失礼と必死で食べ、お腹がパンクしそうになりました。

山には、妹とよく登るのですが、
荷物が少なくてすむ夏になったら、絶対、坊がつるから山々を網羅します。
この、サイトはお気に入りに登録
また、ゆっくり見させて頂きます。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る