記事タイトル:はじめまして 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 川上より   
 とうとう甲府に旅立ったんですね。それはそれはおめでとう。
 しかも富士山の見える「富士見マンション」とはうらやましいですねえ。
 かさ雲の富士山なんてものこれからどんどん目撃できるんでしょうね。
 部屋は2LDKですか。そりゃあ広々ですね。
 僕の部屋は8畳に4畳のロフトがついてます。それと台所ね。
 僕は以前北向き4畳半に男二人という悲惨な部屋に住んでいた事があるので
 今の状況はまったく天国的であります。
 新居で新しい生活が始まるとおもうとウキウキですね。
 お互い楽しみましょう。

 「ひまわり」に行ったんですね。
 古めかしいんだけどちゃんと手入れされているという空間が
 なんとなく落ち着かせてくれるんだけどどうだったかな。
 おばちゃんは年齢不詳だねえ。若くも見えるしね。それもまたあの店の魅力かな。
 流れているのはジャズが多いかな。僕が行った時はおばちゃんは
 モダン・ジャズ・カルテットというグループの曲をよくかけてくれます。
 

 ところで部屋の家具とかはどうするの。
 松山からもってきたのかな。
 僕は法華院から持ってきたから助かったんだけど、買い揃えるとなるとすごく大変だよねえ。
 でもまたそれも楽しみかな。配置を考えるのもけっこう楽しんでたしなあ。
 
 甲府の情報もどんどん書き込んでください。
 楽しみにしております。    
 

お名前: 近藤   
8月2日から念願の甲府人になっています
残念ながら,毎日かすみが濃くて,富士山は2回くらいうっすらとしか見えてません
でも部屋から富士山の見えるとこにしました
その名も「富士見マンション」です

こちらに来てから毎日夕方には夕立で雷がゴロゴロなっています
でも,雨は地面がぬれる程度しか降っていません
さすが山に囲まれているんだなあという感じです

部屋が2LDKで、前住んでたとこの倍以上の広さがあるので,
物の配置に悩んでまだ部屋が片付きません
でも、狭い部屋だと,ほとんどのものがあまり移動せずに
手に取れますが、広いと分散するので逆にロスが多いというか
少し不便なとこもあるんだなあと感じました

ベランダも広いので,富士山の良く見える日にはベランダに
いす置いて,ボーっとするなんていいなあと思います

山梨に発つ前に、川上さんオススメのひまわりに行ってみました
最初ロープウエー街の左側をキョロキョロしながら
歩いてみましたが三叉路まで行っても見つからず
あきらめかけて帰りは反対側のほうを歩いてみたら
見つけれてドキドキしながら入ってみました

あのお店は入り口もわかりにくいし,知らない人が
通りすがりにふらっと入ってみる、なんてことは
なかなかなさそうですね、
ホントに顔見知りの人とか、口コミで知った人しか
来ないんだろうなあ、と思いながら
私はいったいどんな人だろう、と思われてるのかな
と自分でも変な気分でした

かわいらしいお声の女の人がいました
最初お客さんは誰もおらず,わたしは一番奥の席で買ってきた山渓の新刊
高山に咲く花を1ページずつ見ながらアイスコーヒーをいただきました

流れてる音楽と店の雰囲気が独特で(わたくしはふだんあまり喫茶店とか
行かない人なので)、あぁ、これが川上さん的時間&空間なのかなあ
なんて勝手に想像しながら心の中でニヤけてしまいました

しばらくすると別々に女性が2人来て、お一人は大きな絵を持ってきて,
先生まだ来られてませんか?絵の方が煮詰まってしまって
先生に見てもらわないと先に進めなくなってしまって
と言われていました
もう一人はどうも東雲中学の先生のようで学校の話をされていました

結局ご主人らしき人(先生?)にはお目にかかれずに帰りました
でも最後にいい体験ができたなとうれしかったです

今は早く部屋を完成させて,山に行きたいです

お名前: 近藤   
私の今のこころのふるさとと言える山は,身近な高縄山です(北条市の)
私は原付しか持っていなくて,家から行ける山といえば,高縄山,皿ヶ峰,石墨山
くらいで、一番近い高縄山には、ここ2年ほどで20回近く登ってます

1000mないし、頂上まで車でも行ける山ですが,下の院内という登山口から
登山道を歩くと、けっこう趣のある道で,800mアップなので、トレーニングにもいいです
季節によってけっこういろんな花も咲くので,花の写真集めたら,図鑑になるくらい
集まりました
地元の高縄山が好きな人達がいて,登山道の整備,草刈りしてくれたり,
プレートを立ててくれたりしてるのですが,その人たちと偶然に知り合いになれて,
清掃登山に参加したりしてました

登山道から外れたとこにある,クマガイソウの群生地とか、ベニバナシャクヤクとか、
秘密の場所を教えてくれたりして,こんな山にもこんな花が咲いてるのか,とびっくり
したこともありました
里山にもいっぱいいいところがあるよ,と教えてくれました

高縄山は、今の通勤途中で見えるとこがあって,あんなに低くて近い山でも,
その日の天気によって,きれいに見える日,かすんで見える日,頂上付近が
雲に隠れてる日、まったく真っ白に、高縄山が消える日もあります
そんな日々の移り変わりを見るだけで心が和んだり,ガッカリしたりします
だから私は、次は富士山の、日々の、季節の移り変わりを見続けたいと思いました

高縄山は1000mないのに、頂上付近はブナの原生林で珍しいそうです
植物の宝庫らしいです
大きな杉の木が所々にあったり、
そして頂上の展望台からは、めったに見えませんが、石鎚が山々の上に
ちょっとだけ見えます
私もまだ2回しか見えたことありませんが、見えたときはすごくうれしかったです
しまなみ海道とか、いろいろ展望もいいです

5年計画くらいで,頂上付近に大きなレジャー広場みたいなの作るようで,自然が
壊されそうで残念ですが、
また何年後かに訪問して,どうなってるか、愛好家の方々はお元気か、気になる山です

皿ヶ峰も、意外といろいろ魅力のある山です
竜神平という昔湿原だった平原とかあるし、風穴というとこは、年中13℃前後の一定の
空気が岩の間から流れ出ていて,夏は自然のクーラーという感じで,イイ避暑地になります
水の元という、水の流れてるところでは,夏に流しそうめんなんかしてます

松山市民であれば,ぜひいつか登ってみてください,オススメです

やっぱり、どんな山でも,知れば知るほど,いいとこがいっぱいあるのでしょうね

お名前: 川上より   
 僕も同感であります。
 特にミヤマキリシマの時期のゴミは相当なもんですからね。
 ニュージーランドをトレッキングした人が、一日中歩いて落ちていたゴミは
 くつひも一つだけだったと言ってました。日本では考えられないですよね。
 CWニコルが日本にやってきた時は日本人は自然に対して恨みがあるんじゃないかと思ったらしいです。
 山行っても海行ってもゴミだらけの現状を見て。
 登山に対するマナーの点では日本は発展途上国でしょう。
 山小屋で働いてみればそれは痛いほどわかりますよ。
 近藤さんがおっしゃる、山に対するマナーの常識を備えた人、
 そういう常識を広めていかないと日本の山の未来は暗いでしょうね。
 でもまあ法華院にいて5年前に比べるとほんのわずかですがよくなっているような気もしました。
 
 僕はこれまでに石鎚山、北アルプス縦走をそれぞれ2回づつ、丹沢に一回、
 海外ではネパールで往復4時間の簡単なトレッキング、それにベトナムでサム山のトレッキング
 などをしてきましたが、やっぱくじゅうが一番いいかな。
 一番よく知っているということも当然あるでしょうし。
 いわばくじゅうは心のふるさとですからね。
 近藤さんも心のふるさととなる山を見つけてみてはどうでしょう。

お名前: 近藤   
そうなんですか,山行く人にとっては,くじゅう山系は有名なのですがねえ,
百名山にも入ってるし、
九州の山といえば,くじゅうか、霧島か、祖母・傾か、といった感じでしょうか

確かに一般観光の人には、山道を2時間以上歩く,というような所は対象になりにくい
から、一般の人には知名度が低いのでしょうかね,

でも、くじゅうの良さ,というのは、やはり山の中まで入らないと、
メインは味わえませんしね,

でも,正直言うと,山行く者にとっては,自分達の聖地である、山に、
自然に対する思いやりと,マナーの欠けた一般観光客や、何十人も
大行列を作って歩いてくる団体客は、あまり入ってきてほしくないものです

私の信条としては、ある程度、山や美しい自然に対する常識が備わってる人
には、どんどんくじゅうのすばらしさを広めたいと思います
そのうち甲府からでもくじゅうツアーでお邪魔できたらと思ってます

川上さんは,くじゅう以外の山とかには行かれるのでしょうか?
それより、バックパッカーで旅派なのでしょうか?
四国にもいい山はいっぱいありますが。。。

お名前: 川上   
 今日重信フジグランにあるシアトルズ・ベストカフェに行ってきました。
 フジもメジャーになったもんだと思っていたのですが、
 フジという愛媛県人にとっては超メジャーなる店は九州の人は当然のことながら知りません。
 ちなみに僕が福岡にやってきた時は、愛媛県って四国のどこ?と
 よく聞かれたのですが、愛知県と区別がつかないといわれた時は愕然としました。
 逆にくじゅうも愛媛県人にとっては非常にマイナーなる地域であります。
 近藤さん、まずは関東からくじゅうを広めていってください。
 

お名前: 近藤順子   
貴重なご意見ありがとうございます
私もおもいっきりいろいろ挑戦して,山小屋を渡り歩くなんてあこがれるのですが
親が心配してうるさい人なので、何年かの期限付きになりそうです

今日はお父さんから反対めいた電話がかかってきて,一度ちゃんと話し合わんといかん
と言われ,お前は自分の好きなようにばかりして,家族のことを考えてない、常識外れてる
とか言われて、ブルー入ってしまいました

こういう生き方を、理解してくれる親と,してくれない親がいるわけで、
私はちょっと運の悪い方だなと思います
でも、3年くらいはなんとか好きにして,その後はやはり親の老後のことも考えて
徳島に帰らないといけないんだろうなあ、と。。。

最後に重い話題になってすいません

重信のフジがグランになったの知ってるんですね
結構最近なのに、さすが地元の情報は仕入れてるのですね
ちなみに私はフジの系列の薬売ってる、メディコ21に勤めてまーす
もうすぐ辞めますが

それではくじゅうの住人としての最後の貴重な時間を感慨深く過ごしてくださーい
お疲れ様でございました

お名前: 川上より   
 法華院にはかつて山小屋を渡り歩いていたさすらいの女性スタッフがいたなあ。
 法華院にやってくる前はたしか北アルプスの白馬大池山荘にいたんだったかな。
 法華院で半年ほど働いた後はさすがにもう落ち着きたいといってたっけ。
 今は大阪で落ち着いているはず。
 思い切りのいい面白い人生を歩んでいる魅力的な女性でありました。
 近藤さんがいうように今のうちにできることを思いっきりやったほうがいいと思うよ。
 やらないで後悔するよりやって後悔したほうが自分に納得できるからね。
 もちろん後悔するとは限らないけど、きっとそのほうが魅力的な生き方になると思うなあ。
  
 甲府での生活は近藤さんにとって大きな変化だろうけれど、変化は楽しまなきゃね。
 僕も下界に降りるという変化は楽しみにしています。 
 お互い楽しみましょう。

 ところで松山駅のフジグランというと僕の兄のマンションの近所です。
 僕の実家はというと、これまたフジグランの重信店の近くです。
 重信店の近くであるけれど僕の家はギリギリ松山市であります。
 

 

お名前: 近藤順子   
うう、うれしいです、覚えててくださってたのですね
私って、そんなに珍しい人物だったとは

立中山は、私の中では秘密の花園といった感じでしょうか
今度来るときはいとしの人と来たいものです(笑)
平治山もすばらしかったですが、あまり人に知られていない静かなとこもいいですね

鉾立峠で地元の老夫婦にお会いしたのですが、白口岳の方もとてもきれいなとこがあると
言われて,そちらへ行かれていました
やはり人のあまり入ってないとこがミヤマキリシマも元気で、穴場があるのですね

こんど花の季節にくじゅうに来れたら,絶対こちらの方も周ろうと,新たな楽しみができました
それまでマイナーな山でいてほしいものです

ロープウエー街の喫茶店,今度探して行ってみたいと思います
「いもはうす」という、もうなくなった、「こーひー&ばーぼん」の喫茶店とバーが一緒になったような店は
愛大、松大ワンゲルの行きつけということで、よく行ってた時期もあったのですが
ご存知でしょうか?

ちなみに実家はその辺りなのですか?
わたしはJR松山駅の近くのフジグランの裏に住んでます
出身は徳島なのですが

やっぱり信州の方にあこがれる人って多いのでしょうか
私の周りにもそっちの方の大学受けたけど行けなかったという人もいます

甲府には知り合いがいないので、今は期待と不安でいっぱいですが
山の会とか入って、早く仲間を作って楽しめたらいいなと思ってます
川上さんみたいに、今のうちにできることをおもいっきりやってみたいです  

お名前: 川上より   
 覚えてます覚えてます。
 APSフィルムがないかお聞きになった方ですね。
 若い女性の方も山ではあまり見かけませんが、APSフィルムについて聞かれた方もはじめてでありました。
 というわけで非常に印象に残っておりました。
 
 立中山に登られたそうで。
 マイナーなる山ですがそれゆえにミヤマキリシマ独占状態を味わえたということでしょうね。
 
 ところで松山に住んでいるそうで。
 僕の実家も松山ですが、このところ松山出身の方の来荘が多いようで、
 先日は実家のすぐ近くの方がやってきて、近所の家具屋の話やつぶれた店の話
 などで盛り上がりました。
 ところでロープウェイ街にある喫茶「ひまわり」って知ってますか。
 僕のお気に入りの喫茶店です。ぜひ行ってみては。
 
 山梨へと移住されるんですね。
 山梨といえば、僕は高校時代、山梨大学を目指していた時期がありまして(結局受けませんでしたけど)
 山梨大学の方から山梨情報を集めたりしていました。
 その情報によると、山梨では近所の方々からぶどうの差し入れが頻繁にあるそうです。
 富士山を眺めながらぶどう食べてギター弾いてハーモニカ吹いて白い雲眺めてここらで一句なんていう生活にあこがれたりしましたねえ。
 近藤さん、その夢をぜひ僕に代わってかなえてください。
 おたがい、がんばりましょう。
 
 
 

お名前: 近藤順子   
初めて書き込みさせていただきます
私は松山に住んでる25歳です
学生のときに徳島大のワンゲルでした
社会人になってからもその延長でますます山に行ってます

私は法華院には2回ほど泊まらせて頂きました
1回目は去年の10月末の紅葉のころと、
2回目は今年の5月30日のミヤマキリシマを見にです
ミヤマキリシマの情報を仕入れるために、5月入ってから川上さんのHPを毎日見ていました
毎日山や花の情報を載せてくれてたので,とても役に立たせていただきました

くじゅう日記は、ちょっと笑えるお話とか、川上さんのおちゃめさが伝わってきて楽しかったです
HPの写真はどれもすばらしくて、いいなあ。。。と思いながらしばらく見とれてしまいます
山の中にず〜っと滞在しているからこそめぐり会える景色で、
私も山小屋で働くことへのあこがれがさらに強くなりました

くじゅう日記を参考にして,立中山のミヤマキリシマ見に行きました
鉾立峠からの道は木が生い茂って道が狭く,これはホントに行けるのかしら?と不安になりながらも踏み跡をたどってなんとか着いたら、ホントにすばらしくて感動しました
最初ガスってたけど,頂上で30分くらいいいると,ガスが晴れてきて,周りの山が360度見えてまた感動しました
私がいる間は他に人は誰も来ず,満開のミヤマキリシマと,360度の景色を独り占めできて,
まさに至福の時をすごせました

川上さん様様です。という感じでした
おかげで写真とりまくって,一応多めに持ってきたつもりのフィルムがなくなってしまい,
法華院に帰ったときに,「APSのフィルムないですよね」と聞いて,もちろんなかったので、
2000円の使い捨てカメラを買ったのですがおぼえて下さってたらうれしいのですが

その時に、「HP見て,立中山行ってきました、ホントにきれかったです、ありがとうございました。」と,伝えたかったのですが、お忙しそうだったのと,勇気が出ずに言えませんでした
後でかなり後悔しました

今回川上さんが法華院を離れるということで、思いきって書いてみたしだいです
下界に戻ってからも,写真展,本,カフェをされるということで、ますますあこがれてしまいます

私も実は,もっといい山にいっぱい行きたいということで、8月に,山梨県甲府に移住することにしました
なぜ,甲府かというのは,住んでるとこから,富士山が見えて,アルプスが近いという条件で
決めました
山小屋バイトも,ぜひいつかしたいと思ってます

川上さんの写真展,東京でもするなら,ぜひ見に行きたいです

長々と書いて,すいませんでした
これからいろいろがんばって楽しんでください (^0^)/~

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る