記事タイトル:冠雪の三俣山 


書き込み欄へ  ヘルプ
お名前: 川上   
 そうですか。くじゅう犬は柴犬なんですね。
 いつか行ってみた時にでも会ってみたいですねえ。
 しかし人を恐れるというのは過去に苦い経験をしてるんでしょうか。
 犬ギライの人に石投げられたりしたのかな。
 警戒してるんでしょうね。

 僕は犬が大好きなので山を登る時などはお供してほしいですね。
 この前テレビで、ピリピリした会社の雰囲気を和らげるという目的で
 会社の中にマスコット犬を飼っているというところが紹介されていました。
 社員にもすごく好評のようでした。
 その気持ちよく分かりますね。
 僕も山荘勤務時代は妙なストレスで悩む日々が続いてましたが、
 ポリ君との登山を通してずいぶん救われましたから。
 この頃はうれしいことに多くの方からポリの写真が送られてきます。
 濱田さん、行かれたときはぜひ送ってください。
 楽しみにしてますから。
 
 
 

お名前: 濱田   
川上さんとポリ君のコーナーは、これからも楽しみにしています。
本が出版されたら是が非でも買いたいと思います。(^^)


それから「くじゅう犬」は、柴犬のようです。
「ようこそ九重へ」のHPの方も2月1日に牧の戸から登られた日に
くじゅう犬がお供したみたいですよ。ナガマツさんという方らしいですが・・・。

このくじゅう犬は、人を少し恐れているのでしょうか?
一定の距離を置いているみたいです。
撫でようとすると、怖がりますよ。
久住山頂で登山者からの食べ物をもらっているみたいですが
夜はどこに居るのでしょうネ

次回、九重連山へ登る時があれば
ポリ君に会いたいと思います。
会いにいったら、下手な画像付きで近況をお知らせいたしますね。

では・・では。

お名前: 川上   
 お久しぶりです。
 そうそう、長者原の犬は「リキ」って名前だったと記憶してます。
 牧の戸峠の犬はガイドまでしてくれるんですね。
 平治のような犬とすると秋田犬でしょうか。
 とすると結構大型犬なのかな。
 以前ポリに大ケガを負わせた大型犬は平治の血筋であるので
 ちょっと警戒しちゃうかも。
 
 しかし一緒に登山してくれる犬というのはいいですね。
 ポリとの登山でも毎回そうでした。話しかければ聞いてくれてるような気がしますし、
 真っ暗になっても妙に心強いし、
 寒くなればお腹で手をあっためてくれます。
 精神的な支えのような存在でした。
 
 飯田高原に「ホライズン」という知り合いの雑貨屋の店があるのですが、
 そこではいつもカウンターにコロンという名の白い大型犬が横たわっています。
 正に家族の一員でめっちゃかわいいですよ。

 しかし牧の戸の「くじゅう犬」はどこで夜を明かしてるんでしょうねえ。
 

お名前: こんにちわ    
おひさしぶりです。熊本の濱田です。

お話の「牧の戸の犬」は、まるで長者原の銅像になっている
「平治犬」のようです。
登山者について、先になり、後になりと
牧の戸から久住山へピストン登山している犬のようです。

私が出会ったのは去年の12月くらいで
赤川登山道への道案内をしてくれました。

先に下りては、要所で待っていてくれるのです。
長者原の「茶色の犬」は、確かオスで「リキ」でしたよね?

牧の戸の茶色の犬は、メスで出会った時は、
首輪に「天狗の鈴」を付けていました。
この寒い季節
どこで夜を過ごしているんでしょうね。
私の友人もつい先日 (1月31日)に会ったようです。
その時「天狗の鈴」は、付けてなかったそうでが。

友人とは、「くじゅう犬」と呼んでいます。


飼い主さんとはぐれたのかなぁ〜
それとも
置き去り犬なのかな〜?
なんとなく「気になるワンちゃん」です。

お名前: 川上   
 おひさしぶりです。
 牧の戸はマイナス7度でしたか。売店のストーブの暖かさが身にしみるでしょうね。
 あの辺りから眺める三俣山の北峰は尖っていて異様ですね。
 僕は3年前の大雪の際、法華院から牧の戸まで行ったことがあります。
 北千里手前の崩壊場所付近はなんと胸まで雪があり、トンネルを掘って行く感じでした。
 その時は久住分かれまでは吹雪でして、あまりに寒くて避難小屋で一人走りまわってました。
 坊がつるでマイナス12度の日でしたから、
 避難小屋付近ははきっとマイナス20度近くなっていたと思います。
 思い切って牧の戸方面へ行ってみると、沓掛山付近で吹雪は去り、
 なんと雲一つない快晴になったのです。
 まったく山の天気は分からないものですね。
 ですから撮影も思う存分楽しめたわけで、三俣山北峰は古賀さんと同じように
 非常に気になるトンガリでしたので何枚も写真に収めました。
 帰りに西千里ヶ浜付近で撮影した霧氷と久住山の写真は大分県の写真集に採用されることなり
 吹雪の中あきらめて引き返さなかった勇気を自分で誉めちゃいましたね。
 しかし僕の友人はあの辺りで小指凍傷になっちゃいましたから無理は禁物であります。
 
 ポリ君はどんなに冷え込んだ日でも外で寝てたりしてました。究極のアウトドア犬ですね。
 それとも鈍感なのかな。
 牧の戸の犬は僕は一度しか見たことないのでなんともいえないですね。
 ポリ君の仲良しはたいてい長者原にいまして、小型の茶色いオス犬です。
 ではでは。

お名前: 古賀   
 雪の三俣山を撮りに行ってきました。
早朝の牧の戸峠はー7℃で瀬の本から上の道路は薄く積雪していました。
黒岩山の展望台からは三俣山の北峰が気になり沓掛山の展望台から
少し下がったところで撮りましたが両山とも登山道以外は雪が深く
長靴を履いていきましたら膝の上までもありました。
飯田高原,雲に見え隠れします由布岳,坊原越しの三俣山がカリントウを
まぶしたような樹氷と雪を身につけたよしの先端が風でまぁるく絵をかいたように
なっていますのを絞り込んでプラス露出で入れこんでみました。
皆さんアイゼンをつけてくじゅう方面に登っておられました。
牧の戸峠の駐車場に犬がいまして,長者原のポリ君の友達犬とは似ているような
似ていないような,こんなところまで出張するんでしょうか。
今朝みたいな冷えこんだ日には法華院で何をしているのかとちょっと気になりました。

このテーマについての発言をどうぞ。
氏名
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。
記事一覧に戻る