石畳

 歩道までこんな感じだと非常に味わい深く歩くことができるのだ。