安宿のハダカ電球は、壁の隅っこに寂しくなるような模様を創りだしていた。
                                         タイ バンコクにて