運河には多くの船が停泊していた。
その船のどれもが歴史を感じさせる重みのある外観で、
アムステルダムは建物ばかりでなく船も息が長いようなのだ。