(TOP)          (戻る)

「菅原伝授手習鑑」・寺子屋 床本


寺入りの段

一字千金二千金、三千世界の宝ぞと、教へる人に習ふ子の中に交はる菅秀才、武部源蔵夫婦の者、労はり傅(かしず)きわが子ぞと、人目に見せて片山家、芹生(せりゅう)の里へ所がへ。子供集めて読み書きの器用不器用清書きを、顔に書く子と手に書くと人形書く子は頭かく、教へる人は取分けて世話をかくとぞ見へにける。中に年かさ五作が息子、
「コレ皆これ見や。お師匠さんの留守の間に、手習ひするは大きな損。おりや坊主頭の清書きした」
と、見せるは十五のよだれくり、若君はおとなしく、
「一日に一字学べば、三百六十字との教へ。そんな事書かずとも、本の清書きしたがよい」
八つになる子に呵られて、
「エヽませよ、ませよ」
と指差して、誂戯(ちょうげ)かゝるを、残りの子供、
「兄弟子に口過ごすよだれくりめを歪(いが)めてやろ」
と、手ん手に卦算(けさん)振り廻す、自然天然肩持つも、伝はる筆の威徳かや。主の女房奥より立出で、
「またこりや例の諍ひか、おとましや/\。今日に限つて連合ひの源蔵殿、振舞ひに往てなれば戻りも知れぬ。ほんに/\こなた衆で一時の間も待ち兼ねる。今日は取分け寺入りもある筈。昼からは休ます程に、皆精出して、習ふた/\」
「ソリヤまた嬉しや休みぢや」
と、筆より先に読み声高く。
「いろはに」
「この中は御人下され」
「一筆啓上、候べく」
の、男が肩に堺重、文庫机を担はせて、利発らしき女房の、七つばかりな子を連れて、
「頼みませふ」
と言ひ入るゝ、内にもそれとはや悟り
「こちらへお這入り遊ばせ」
と、言ふもしとやか
「アイ、アイ」
と、愛に愛持つ女子同士、来た女房はなほ笑顔。
「私事は、この村はづれに軽ふ暮してをる者でござりまする。この腕白者をお世話なされて下さりよかと、お尋ね申しにおこしましたれば、『おこせ、世話してやろ』と結構なお詞に甘へ、早速連れて参じました。内方にも御子息様がござりますげなが、どのお子でござりますぞ」
「アイ、これが源蔵殿の跡取りでござります」
「これは/\よいお子様や。ほかにも大勢の子達、いかいお世話でござりましよ」
「アイ、御推量なされて下さりませ。シテ寺入りは、このお子でござりますか、名は何と申します」
「アイ、小太郎と申しまして、腕白者でござります」
「イヤ。イヤ気高いよいお子や。折悪ふ今日は連合ひ源蔵も、振舞ひに参られました」
「これはマア、お留守かいな」
「アヽイヤ、お待ち遠なら、私が呼びに参りましよ」
「イエ/\、幸ひ私も参つて来る所があれば、そのうちにはお帰りでござりませふ。これ三助、その持つて来た物、あなたの傍へ上げませ」
『アツ』
と答へて堺重、榧(へぎ)に乗せたる一包み、内儀の傍へ差出だす。
「これはマア/\言はれぬ事を」
「イヤ、おはもじながらこの子が参つた印。この堺重は子達への土産、取り弘めて下さりませ」
と、言はねど知れし蒸物煮しめ、わが子に世話を焼豆腐、粒椎茸の入れたるは、奔走子(ほんそご)とこそ見へにけれ。
「これはマア何から何まで、取揃へて御念の入つたこと。戻られたら見せませふ」
「イヤモ、ほんの心ばかり。よろしうお頼み申し上げます。コレ小太郎、ちよつと隣村まで往て来る程に、おとなしうして待つてゐや。悪あがきせまいぞ。御内証様、往て参じましよ」
と表へ出づれば、
「かゝ様、わしも行きたい」
と縋り付くを振り放し、
「嗜めよ。大きな形(なり)して後追ふの、か。御覧じませ、まだ頑是がござりませぬ」
「ソリヤ道理いな。ドリヤ、小母(おば)がよい物やりましよ。つゐ戻つてやらんせ」と目で知らすれば、
「アイ/\、ついちよつと一走り」
と、後追ふ子にも引かさるゝ、振返り見返りて、下部

寺子屋の段

 引連れ、急ぎ行く。
「どりや、こちの子と近付きに」
と若君の傍へ寄せ、機嫌紛らす折からに。立ち帰る主の源蔵、常に変りて色蒼ざめ、うち入り悪く子供を見廻し、
「エヽ氏より育ちといふに、繁華の地と違ひ、いづれを見ても山家育ち。世話甲斐もなき、役に立たず」
と、思ひありげに見へければ。心ならず女房立寄り、
「何時にない顔色も悪し。振舞ひの酒機嫌かは知らぬが、山家育ちは知れてある子供、憎体口(にくてぐち)は聞へも悪い。殊に今日は約束の子が寺入り、母御が連れて見へました。悪い人と思ふも気の毒、機嫌直して逢ふてやつて下され」
と、小太郎連れて引合せど、さし俯いて思案の体、いたいけに手をつかへ、
「お師匠様、今から頼み上げます」
と、言ふに思はずふりあをのき、きつと見るより暫くは、打守りゐたりしが。忽ち面色やはらぎ、
「テさて器量勝れて、気高い生れつき。公家高家の御子息といふても、恐らく恥しからず。テさてそなたは、マヽよい子ぢやなう」
と機嫌直れば女房も、
「なんとよい子、よい弟子でござんしよがナ」
「よいとも/\上々吉。シテ、その連れて来たお袋はいづくに」
「サア、お前の留守ならその間に、隣村まで往て来と言ふて」
「ムヽ、ムそれもよし、よし、大極上。まづ子供と奥へやり、機嫌よう遊ばし召され」
「それ皆お隙が出た、小太郎ともに奥へ/\」
と、若君諸共誘はせ、後先見廻し夫に向ひ、
「最前の顔色は常ならぬ気相。合点の行かぬと思ふたところに、今またあの子を見て、打つて変へての機嫌顔。なほもつて合点行かず、どふやら様子がありそふな、気遣ひな聞かして」
と問へば源蔵、
「ホヽウ気遣ひな筈。今日、村の饗応(もてなし)と偽り、某を庄屋の方へ呼びつけ、時平が家来春藤玄蕃、今一人は菅丞相の御恩を着ながら時平に従ふ松王丸。ヤこいつ、病み耄(ほお)けながら検分の役と見へ、数百人にて追つ取巻き、『汝が方に菅丞相の一子菅秀才、わが子として匿ふ由、訴人あつて明白。急ぎ首討つて出だすや否や、たゞし踏込み受取らふや、返答いかにと』と退引きならぬ手詰。是非に及ばず、首討つて渡さふと請合ふた、サ心は、数多ある寺子のうち、いづれなりとも身代りと思ふて帰る道すがら、あれかこれかと指折つても、玉簾(たまだれ)の内の御誕生と、薦垂(こもだれ)の中で育つたとは、似ても似付かず。ハヽ所詮御運の末なるか、痛はしや浅ましやと、屠所(としょ)の歩みで帰りしが、天道のひかへ強きにや。あの寺入りの子を見れば、満更烏を鷺ともいはれぬ器量。一旦身代りで欺きこの場さへ遁れたらば、すぐに河内へお供する思案。今暫くが、大事の場所」
と、語れば女房
「待たんせや。その松王といふ奴は、三つ子のうちの悪者。若君の顔はよふ見知つてゐるぞへ」
「サヽそこが一かばちか。生き顔と死に顔は相好の変はるもの。面差し似たる小太郎が首、よもや贋、とは思ふまじ。よしまたそれと顕はれたらば松王めを真二つ。残る奴輩切つて捨て、叶はぬ時は若君諸共、死出三途の御供と胸を据ゑた、が一つの難儀。今にも小太郎が母親、迎ひに来たらば何とせん。この儀に当惑さし当つたはこの難儀」
「イヤ、その事は気遣ひあるな。女子同士(どし)の口先で、ちよつぽくさ欺して見よ」
「イヤその手では行くまい。大事は小事より顕はるゝ。ことによつたら、母諸共」「ヒエヽ」
「コリヤ、若君には替へられぬ。お主のためを弁へよ」
と、言ふに胸据ゑ、
「オヽ、そふでござんす。気弱ふては仕損ぜん」
「鬼になつて」
と夫婦は突立ち、互ひに顔を見合はせて、
「弟子子(でしこ)といへばわが子も同然」
「サア、今日に限つて寺入りしたは、あの子が業か、母御の因果か」
「報ひはこちが火の車」
「追付け廻つて、来ませふ」
と、妻が嘆けば夫も目をすり、
「せまじきものは宮仕へ」
と、共に涙にくれゐたる。かゝるところへ春藤玄蕃、首見る役は松王丸、病苦を助くる駕篭乗物、門口に舁き据ゆれば。後には大勢村の者、付き従ふて、
「ハイ」
「ハイ」
「ハイ」
「ハイ」
「ハイ/\/\/\」
「申し上げます。皆これにをる者の子供が、手習ひに参つてをります。もし取違へ首討たれては、ヤモ取り返しがなりませぬ」
「ハイ/\/\/\/\/\どふぞお戻し下され」
と願へば玄蕃、
「ヤアかしましい蠅虫めら。うぬらが餓鬼の事まで身どもが知つたことかい。勝手次第に連れ失せふ」
と叱り付くれば松王丸、
『ヤレお待ちなされ、暫く』
と、駕篭より出づるも刀を杖、
「憚りながら、彼等とても油断はならぬ。病中ながら拙者めが検分の役勤むるも、ほかに菅秀才の顔見知りし者なき故。今日の役目仕終すれば、病身の願ひ御暇下さるべしと、ありがたき御意の趣き、おろそかには致されず。菅丞相の所縁(ゆかり)の者、この村に置くからは、百姓共もぐるになつて、銘々が伜に仕立て、助けて帰る、サ手もあること。コリヤヤイ百姓めら、ざは/\と抜かさずとも、一人(いちにん)づゝ呼出だせ。面改めて戻してくりよ」
と、退引きさせぬ釘(くぎ)鎹(かすがい)、打てば響けと内には夫婦、兼ねて覚悟も今更に、胸轟かすばかりなり。表はそれとも白髪の親仁、門口より声高に、
「長松(ちょま)よ/\」
と呼出せば、
「オツ」
と答へて出てくるは、腕白顔に墨べつたり、似ても似つかぬ雪と墨、
「これではない」
と赦しやる。
「岩松(いわま)はゐぬか」
と呼ぶ声に、
「祖父(ぢ)さん何ぢや」
とはしごくで、出て来る子供の頑是なき、顔は丸顔木みしり茄子(なすび)。
「詮議に及ばぬ連れ失せう」
と、睨みつけられ
「オヽ恐や。嫁にも喰はさぬこの孫を、命の花落ち遁れし」
と祖父が抱へて走り行く。次は十五のよだれくり、
「ぼんよ、ぼんよ」
と親仁が手招き、
「とゝよ、おりやもこゝから抱かれて去の」
と、甘へる顔は馬顔で、声きりぎりす
「オヽ泣くな。抱いてやらふ」
と干鮭(からざけ)を、猫なで親が喰はへ行く。
「私が伜は器量よし。お見違へ下さるな」
と、断り言ふて呼出だすは色白々と瓜実(うりざね)顔、
「ヤ、こいつ胡乱(うろん)」
と引つとらへ、見れば首筋まつ黒々、墨かあざかは知らねども、
「こいつでない」
と突放す。その他、山家(やまが)奥在所の子供残らず呼び出して、見せても見せても似ぬこそ道理、土が産ました量り芋、子ばかりよつて立帰る。
『スハ身の上』
と源蔵も、妻の戸浪も胴を据ゑ、待つ間ほどなく入り来る両人、
「ヤア源蔵、この玄蕃が目の前で討つて渡そと請合ふた菅秀才が首、サア受取らふ、早く渡せ」
と手詰の催促、ちつとも臆せず、
「仮初(かりそめ)ならぬ右大臣の若君、掻き首捻ぢ首にも致されず。暫くは御用捨」
と立上るを松王丸、
「ヤアその手は喰はぬ。暫しの用捨と隙取らせ、逃げ仕度致してもナ、裏道へは数(す)百人を付け置く、蟻の這ひ出づる所もない。ガまた、生き顔と死に顔は相好が変はるなどと、身代はりの贋首、それもたべぬ。古手(ふるで)な事して後悔すな」
と言はれてぐつとせき上げ、
「ヤア要らざる馬鹿念。病み呆けた汝が眼玉がでんぐり返り、逆様眼(まなこ)で見様はしらず、紛れもなき菅秀才の首、追付け見せう」
「ム、その舌の根の乾かぬ内に、早く討て」
「疾く切れ」
と玄蕃が権柄(けんぺい)、
『ハツ』
とばかりに源蔵は、胸を据ゑてぞ入りにける。傍に聞きゐる女房は
『こゝぞ大事』と
心も空、検使は四方八方に眼を配る中にも松王、机文庫の数を見廻し、
「ヤア合点のゆかぬ。先達て去んだ餓鬼らを数ふれば、机の数が一脚多い、その倅はどこにをるぞ」
と見咎められて戸浪は
『ハツ』

「イヤこりや今日初めて寺、イヤアノ寺参りした子がござんす」
「なに、馬鹿な」
「オヽそれ/\、これがすなはち菅秀才のお机文庫」
と、木地を隠した塗机、ざつと捌ひて言ひ抜ける。
「何にもせよ隙取らすが油断の元」
と、玄蕃諸共突つ立ち上る、こなたは手詰命の瀬戸際、奥には
『ばつたり』
首討つ音、
『はつ』
と女房胸を抱き、踏込む足もけしとむ内。武部源蔵白台に、首桶載せてしづ/\出で、目通りにさし置き、
「是非に及ばず。菅秀才の御首、討ち奉る。いはゞ太切ない御首、性根を据ゑて、サ松王丸、しつかりと、検分せよ」
と、忍びの鍔元くつろげて、
『虚と言はゞ切り付けん、実と言はゞ助けん』
と堅唾(かたず)を呑んで控へゐる。
「ムハヽヽヽヽ、なんのこれしきに性根所かハヽヽヽヽ。今浄玻璃(じょうはり)の鏡にかけ、鉄札か金札か地獄極楽の境。家来衆、源蔵夫婦を取巻き召され」
『畏まつた』
と捕手の人数十手振つて立ちかゝる、女房戸浪も身を堅め、夫はもとより一生懸命、
「サア実検せよ検分」
と、言ふ一言も命がけ、後は捕手向うは曲者、玄蕃は始終眼を配り、
『こゝぞ絶体絶命』
と思ふ内はや首桶引寄せ、蓋引明けた首は小太郎、
『贋と言ふたら一討ち』
と早や抜きかける戸浪は祈願、
『天道様、仏神様、憐み給へ』
と女の念力、眼力光らす松王が、ためつ、すがめつ、窺ひ見て、
「ム、コリヤ、菅秀才の首討つたは、紛ひなし、相違なし」
と、言ふにびつくり源蔵夫婦、あたりきよろ/\見合はせり。検使の玄蕃は検分の、言葉証拠に
「出かした/\よく討つた。褒美には匿ふた科赦してくれる。イザ松王丸、片時も早く時平公へお目にかけん」
「如何様、隙どつてはお咎めも如何。拙者はこれよりお暇給はり、病気保養致したし」
「オヽサ、役目は済んだ、勝手にせよ」
と首受取り、玄蕃は館へ松王は、駕篭にゆられて、立ち帰る。

夫婦は門の戸ぴつしやり閉め、物をも得言はず青息吐息、五色(ごしき)の息を一時に、
『ほつ』
と、吹き出すばかりなり。胸なでおろし源蔵は、天を拝し地を拝し、
「ハアヽありがたや忝なや。凡人ならぬわが君の御聖徳が顕はれて松王めが眼(まなこ)がかすみ、若君と見定めて帰つたは、天成不思議のなすところ。御寿命は万々年、悦べ女房」
「イヤもふ/\/\大抵の事ぢやござんせぬ。あの松王めが目の玉へ、菅丞相様が這入つてござつたか、たゞし首が黄金仏(おうごんぶつ)ではなかつたか。似たといふても瓦と黄金(こがね)、宝の華の御運開きと、あんまり嬉しうて涙がこぼれる。アヽヽ、ありがたや尊や」
と、悦び勇む折からに。小太郎が母いきせきと、迎ひと見へて門の戸叩き、
「寺入りの子の母でござんす。今漸々帰りました」
と言ふ声聞くよりまたびつくり、
「一つ遁れてまた一つ、こりやマア何とどふせふ」
と、妻が騒げど夫は胴据ゑ、
「コリヤ、最前言ふたはこゝの事。若君にはかへられぬ。エヽ狼狽(うろたえ)者め」
と戸浪を引退け、門の戸ぐはらりと引開くれば。女は会釈し、
「これはマア、御師匠様でござりますか。悪さをお頼み申します。どこにゐやるぞお邪魔であろ」
と言ふを幸ひ、
「アヽイヤ、奥に、子供と遊んでゐます。連れ立つて帰られよ」
と、真顔で言へば、
「ム、そんなら連れて帰りましよ」
と、ずつと通るを後より、たゞ一討と切り付くる、女もしれ者引つぱづし逃げても逃がさぬ源蔵が、刃鋭どに切り付くるをわが子の文庫ではつしと受け止め、
「コレ、待つた、待たんせコリヤどふぢや」
と、刎ねる刃(やいば)も用捨なくまた切り付くる文庫は二つ、中よりばらりと経帷子(きょうかたびら)、
『南無阿弥陀仏』
の六字の幡、顕はれ出でしは
「コハいかに」
と、不思議の思ひに剣もなまり、すゝみ兼ねてぞ見へにける。小太郎が母涙ながら
「若君、菅秀才のお身代り、お役に立てゝ下さつたか、まだか様子が聞きたい」
と、言ふにびつくり、
「シテ/\それは、得心か」
「サア、得心なりやこそこの経帷子、六字の幡」
「ムヽ、シテ其元は何人の御内証」
と、尋ぬるうちに門口より、
「梅は飛び桜は枯るゝ世の中に、何とて松のつれなかるらん。女房悦べ、悴はお役に、立つたぞ」
と、聞くより
『わつ』
とせき上げて、前後不覚に取り乱す。
「ヤア未練者め」
と叱り付け、ずつと通るは松王丸、見るに夫婦は二度びつくり、
『夢か現か夫婦か』
と呆れて、言葉もなかりしが。武部源蔵威儀を正し、
「一礼はまづ後のこと。これまで敵と思ひし松王、打つて変つた所存は如何に。いぶかしさよ」
と尋ぬれば、
「オヽ御不審は尤も。存知の通り我々兄弟三人は、銘々に別れて奉公。情けなやこの松王は時平公に従ひ、親兄弟とも肉縁切り、御恩受けたる丞相様へ敵対。主命とはいひながら、皆これこの身の因果。何とぞ主従の縁切らんと、作病(さくびょう)かまへ暇(いとま)の願ひ。『菅秀才の首見たらば暇やらん』と今日の役目。よもや貴殿が討ちはせまい、なれども、身代りに立つべき一子(いっし)なくばいかゞせん。こゝぞ御恩を報ずる時と、女房千代と言ひ合はせ、二人が中の伜をば先へ廻してこの身代り。机の数を改めしも、わが子は来たか、と心の蓍(めど)。菅丞相にはわが性根を見込み給ひ、『何とて松のつれなからふぞ』との御歌を、『松はつれない、つれない』と世上の口に、かゝる悔しさ。推量あれ源蔵殿、悴がなくば何時までも、人でなしと言はれんに、持つべきものは子なるぞや」
と、言ふに女房なほせき上げ、
「草葉の陰で小太郎が、聞いて嬉しう思ひませふ。持つべきものは子なるとは、あの子がためによい手向け。思へば最前別れた時、何時にない後追ふたを、叱つた時の、叱つた時の、その悲しさ。冥途の旅へ寺入りと、早や虫が知らせたか、隣村へ行くと言ふて道まで往んで見たれどもナ、子を殺さしにおこして置いて、どふマア内へ、どふマア内へ、去なるゝものぞいの。死に顔なりとも今(ま)一度見たさに、未練と笑ふて下さんすな。包みし祝儀はあの子が香典、四十九日の蒸物(むしもの)まで持つて寺入りさすといふ、悲しい事が世にあらふか。育ちも生れも賤しくば殺す心もあるまいに、死ぬる子は媚(みめ)よしと美しう生れたが、可愛やその身の不仕合せ。何の因果に疱瘡まで仕舞ふた事ぢや」
と、せき上げて、かつぱと伏して泣きければ。ともに悲しむ戸浪は立寄り、
「最前に連れ合ひが身代りと思ひ付いた傍へ往て、『お師匠様今から頼み上げます』と、言ふた時の事思ひ出せば、他人の私さへ骨身が砕ける。親御の身ではお道理」
と、涙添ゆれば、
「イヤこれ御内証。コリヤ、女房も何でほへる。覚悟した御身代り、内で存分ほへたでないか。御夫婦の手前もあるわい。ナニ源蔵殿、申し付けてはおこしたれども、定めて最期の節、未練な死を、致したでござらふ」
「アヽイヤ、若君菅秀才の御身代りと言ひ聞かしたれば、潔ふ首さしのべ」
「アノ、逃げ隠れも、致さずに、ナ」
「につこりと、笑ふて」
「アノにつこりと笑ひましたか/\、ハヽヽヽ。ハヽヽ、ハヽヽハヽヽ、ムヽ。ア、アハヽヽヽヽ。出かしをりました。利口な奴、立派な奴、健気な八つや九つで、親に代つて恩送り。お役に立つは孝行者、手柄者と思ふから、思ひ出だすは桜丸、御恩送らず先立ちし、さぞや草葉の蔭よりも、うらやましかろ、けなりかろ。悴が事を思ふにつけ、思ひ出さるゝ出さるゝ」
と、さすが同腹同性(どうぶくどうしょう)を、忘れ兼ねたる悲嘆の涙。
「ノウその伯父御に小太郎が、逢ひますはいの」
と取り付いて、
『わつ』
とばかりに、泣き沈む。嘆きも洩れて菅秀才、一間の内より立ち出で給ひ、
「われに代はると知るならばこの悲しみはさすまいに、可愛の者や」
と御袖を絞り給へば、夫婦は
『はつ』
と、共に浸する有難涙。
「ついでながら若君様へ御土産」
と松王突立ち、
「申し付けた用意の乗物、早く/\」
と呼ばはるにぞ、
『ハツ』
と答へて家来共、御目通りに舁き据ゆる。
「はや御出で」
と戸を開けば菅丞相の御台所、
「ノウ母様か」
「わが子か」
と御親子(ごしんし)不思議の御対面。源蔵夫婦横手を打ち、
「方々と御行方尋ねしに、いづくにか御座なされし」
「されば/\、北嵯峨の御隠れ家、時平の家来が聞き出だし召し捕りに向ふと聞き、某山伏の姿となり危い所奪(ば)ひ取つたり。急ぎ河内の国へ御供なされ、姫君にも御対面。コリヤ、コリヤ女房、小太郎が死骸、あの乗物へ移し入れ、野辺の送り営まん」
「ハア、アイ」
と返事のその内に、戸浪が心得抱いて来る、死骸を網代(あじろ)の乗物へ、乗せて夫婦が上着を取れば、哀れや内より覚悟の用意、下に白無垢麻裃。心を察して源蔵夫婦、
「野辺の送りに親の身で子を送る法はなし。我々夫婦が代はらん」
と立寄れば松王丸、
「イヤ/\、これはわが子にあらず。菅秀才の亡骸(なきから)を御供申す。いづれもは門火々々」
と門火を、頼み頼まるゝ。御台若君諸共に、しやくり上げたる御涙、冥途の旅へ寺入りの、師匠は弥陀仏釈迦牟尼仏、六道能化(のうけ)の弟子になり、賽(さい)の川原で砂手本。いろは書く子をあへなくも、散りぬる命、是非もなや。明日の夜誰れか添乳(そえぢ)せん。らむ憂ゐ目見る親心、剣(つるぎ)と死出のやまけ越え、あさき夢見し心地して、あとは門火に酔ひもせず、京は故郷と立別れ、鳥辺野指して連れ帰る


(TOP)          (戻る)