(戻る)

ワルターの録音(1945年−1949年)


○1946年4月22日

シューベルト:交響曲第9番「ザ・グレート」

ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
(ニューヨーク、米CBS・スタジオ録音)

硬質の響きを持つニューヨーク・フィルの個性ということもありますが、早いテンポでキビキビとした直線的な歌い回し・ファルテの鋭い音の立ち上がりなど、トスカニーニの強い影響を感じさせる演奏です。ウイーン・フィル時代の小振りで優美な印象とはガラリと変わって・男性的で剛直な印象です。しかし、ワルターらしいと思うのは低音の効いた重心の低い響きと、やはりどこかに暖かい感触がほのかに感じられることでしょう。そういう意味で成功しているのは第2楽章で、早いテンポでキビキビしたなかにも硬さがなく・暖かく柔軟性のある表現に仕上がっていることです。逆に第3〜4楽章はワルターがトスカニーニ張りにかなり強引に置けを引っ張っている印象があります。スケールは大きい表現ですが、金管のフォルテがやや刺激的で、表現がこなれていない感じがします。


○1947年2月10日

マーラー:交響曲第5番

ニューヨーク・フィルハーモニー交響楽団
(ニューヨーク、カーネギー・ホール、米CBS・スタジオ録音)
 

全体の設計が行き届いていて・説得力のあるマーラーです。色彩感やオケのダイナミックな動きよりも、曲の骨太い構造が強く印象に残ります。マーラーのごった煮的な印象が整理されて、実に聴き易い・古典的な佇まいさえ感じさせるのです。マーラー伝道師ワルターらしい演奏と言うべきしょう。テンポは早めですが・リズムがしっかりと押さえられて、旋律は力強く歌われて・線が太い演奏になっています。第4楽章アダージェットは音色やしなりで聞かせるという感じではなく・素朴ささえ感じさせますが、深い味わいがあります。ニューヨーク・フィルも重量感がある力演で、第3楽章や第5楽章の複雑なスコアを乱れなく音化していると思います。


(戻る)