(戻る)

「歌舞伎素人講釈」講話会/

新規メンバー募集のお知らせ    (募集を再開します。)


「歌舞伎素人講釈」講話会は、吉之助が主宰する勉強会です。参加の条件は、今後の講話会に継続的にご参加いただき・吉之助と一緒に歌舞伎を学んでいこうという 意志がおありの方です。ご興味お有りの方は、本記事の最後にアドレスがありますので、お問い合わせください。

平成29年は、「仮名手本忠臣蔵」丸本精読を年間テーマとしています。


1)「歌舞伎素人講釈」講話会は、「歌舞伎を材料にして色々考える」という「歌舞伎素人講釈」のコンセプトを全面に出して・より深く広く歌舞伎以外のことまで話が広がる研究会(セミナール)みたいなものです。江戸時代に「講」とか「連」とか言っていたものに似た感じでしょうかね。講話会としては平成20年から行なっており、それ以前の公開講座から数えればすでに10年 以上になります。その成果は、サイトの記事やメルマガに取り入れられています。

2)講話会は吉之助からの一方的な、系統立った講義ではありません。その時の前後の歌舞伎上演に関連した話題をいれたりしながら、基本的には吉之助が話したい話題をお話しする 形式です。だから「講話」と称しています。内容はもちろん歌舞伎をきっかけにしていますが、吉之助のことですから・クラシック音楽のことも含めて多岐に渡ります。その辺はこのサイト の内容からお察しください。講話のなかで参加者の方々からの反応をいただきながら、吉之助の今後の研究の参考にしていきたいということもあります。

3)講話会は「歌舞伎素人講釈」のコンセプトに共感し・歌舞伎をきっかけにしてその周辺をいろいろ考える方の横のネットワークを作ることを目的としています。「歌舞伎を愉く見れ ればそれで良し」というコンセプトではなく、「吉之助と一緒に勉強をして・深い見方を学ぶ会」ですので、そこのところはご注意いただきたいと思います。

5)参加の条件は、今後の講話会に継続的に・かつ積極的に参加して、吉之助と一緒に歌舞伎を勉強していく意志と意欲のある方です。それ以外の条件はありません。生涯学習という形でご参加いただくことなどもちろん大歓迎です。

*それぞれご都合のあることですから全回参加が義務ではありませんが、運営上の問題から・安定的な人数確保が望ましいので、一回だけのご参加はご遠慮いただいております。

6)この講話会は吉之助の個人的な・非営利の催しです。講話会の頻度は場合により異なりますが、毎月の第2日曜日、場所は通常は東京・銀座で行ないます。 参加費用は、これも場合によりますが、会場費・飲み物代などで2500円程度です。


(参加申し込み)

1)上に書きました通り長く継続的に講話会にご参加いただき、これから歌舞伎・その他について吉之助と一緒にいろいろ勉強していきたいとお考えの方のご参加を歓迎します。

2)参加のお申し出をいただいた方は、吉之助からメールを差し上げます。確認のうえ、吉之助の方でアドレスを登録し 、毎月の開催2週間前に都度ご連絡をメールを入れます。

*メール受信確認を兼ねてますので、出欠の返事は必ずお願いします。

3)参加申し込み・お問い合わせは、

kabuskm@yahoo.co.jp

へメールをください。簡単な自己紹介と講話会に興味持った理由などをお書き添えください。

*hotmailの方は、yahooとのメールやり取りにシステム不具合があるようです。連絡が付かない場合は、別のアドレスをお使いになるか、或いはサイトトップに表示の、gooのアドレスにお送りください。

*戴いたアドレスは吉之助からの連絡用に保管をしますが、それ以外の用途で使用することはありません。


       (戻る)