(戻る)

レヴァインの録音 (2000年〜  )


○2002年9月23日ライヴ

メトロポリタン・オペラ・ガラ
ジェルダーノ:歌劇「フェードラ」第2幕

プラシド・ドミンゴ(イパノフ)、ミレルラ・フレーニ(フェードラ)
サン・サーンス:歌劇「サムソンとデリラ」第2幕
プラシド・ドミンゴ(サムソン)、オルガ・ボロディナ(デリラ)
ヴェルディ:歌劇「オテロ」第4幕
プラシド・ドミンゴ(オテロ)、ルネ・フレミング(デズデモナ)
メトロボリタン歌劇場管弦楽団
(ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場、ガラ・コンサート)

ドミンゴをメインにしたガラ・コンサートで・どの作品でもドミンゴの魅力が発揮されていますが、やはり「オテロの死」での威厳のある歌唱が見事です。「オテロ」ではフレミングのデズデモナも 哀切な情感のこもった素晴らしい歌唱を聴かせます。他の2作品はテノールよりはソプラノの聴き所が多い幕ですが、「フェードラ」ではフレー二、「サムソンとデリラ」はボロディナがそれぞれ見事な歌唱です。レヴァインは手馴れた職人芸的なサポートを見せます。 特に「フェードラ」は華麗な音楽造りで・間奏曲もなかなか聴かせます。


○2008年2月16日ライヴ

プッチー二:歌劇「マノン・レスコー」

カリタ・マッティラ(マノン)、マルチェロ・ジョルダーニ(デ・グリュー)
ドゥウェイン・クロフト(レスコー)、ダーレ・トラヴィス(ジェロンテ)
ジーン・パニカール(エドモンド)
メトロボリタン歌劇場管弦楽団
(ニューヨーク、メトロポリタン歌劇場、ガラ・コンサート)

プッチー二の旋律の魅力を堪能させてくれる充実した演奏です。歌手陣が粒揃いで、第1幕のアミアンの酒場は演出も含めて・アンサンブルの良さが見事。マッティラとジャスダー二の歌唱は輝かしく・伸びやかで、表現するところに不足ありません。レヴァ印の指揮はプッチーニの揺れる旋律をよく歌わせて、これも素晴らしいサポートです。


(戻る)