(戻る)

フランツ・コンヴィチュニーの録音 


○1954年2月

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

ダヴィット・オイストラフ(ヴァイオリン)
ドレスデン国立管弦楽団
(ドレスデン、独グラモフォン・スタジオ録音)

録音のせいか・オケが引っ込んで痩せて聞こえるのが残念ですが、オイストラフのヴァイオリンは、これはもう理想的と言えるほど素晴らしいものです。お国物という言葉は 安易に使いたくありませんが、ついそう言ってしまいたくなるほど、豊かな音色で・ゆったりと旋律を歌い・音楽の温もりが内からじっくりと伝わってくるような気がします。作為的なところがどこにもなく、表情に艶があり・音楽の恰幅の良さが自然と備わっています。第1楽章も素晴らしいですが、第2楽章のじっくりとした歌い込みで 、オイストラフの実力がまざまざと実感できます。




(戻る)