(戻る)

ハンス・クナーッパーツブッシュ


○1960年2月ー1

シューベルト:軍隊行進曲(ヴェニンガー編曲)

ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール、英デッカ・スタジオ録音)

ちょっと仕掛けてくるかと思ったら、予想に反して端正でまったくノーマルな演奏。 淡々とリズムを刻んでおり・手練手管を加えないところに、シューベルトの素朴で雅びな味わいがあって楽しめる演奏です。 ウイーン・フィルの響きは軽やかで透明。中間部にウイーンらしいほのぼのとした趣きがあります。


○1960年2月ー2

ウェーバー:舞踏への勧誘(ベルリオーズ編曲)

ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール、英デッカ・スタジオ録音)

序奏部は情感をたっぷり込めて・とてもロマンティックですが、テンポが遅過ぎで・やや重くもたれる感じがします。ワルツのリズムも重く、これはスケールが大きいというのとはちょっと違って・重い身体をもてあましている感じで、もう少し活気が欲しい ところです。オケの響きは色彩的で、部分的には魅力的な箇所もあるのですが。


○1960年2月ー3

ニコライ:喜歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」序曲

ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール、英デッカ・スタジオ録音)

あまりオペラティックな感興がなく、愛嬌を見せずに・無愛想に曲に対しているのがクナッパーツブッシュらしいところかも知れませんが、淡々として重い表現なのがこの曲には向いていないように思われます。


○1960年2月ー4

チャイコフスキー:バレエ音楽「くるみ割り人形」組曲

ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール、英デッカ・スタジオ録音)

特に仕掛けをするでもなく・朴訥な表現で、実に素直に曲に対している印象です。 テンポの変化はほとんどなく、思った以上に端整な出来です。序曲・行進曲などにその良さが出て来ます。リズムがしっかり打たれていて、これならば演奏に合わせて踊り易いだろうと 思います。トレパークやあし笛の踊り・中国の踊りなど、どの曲もしっかりと性格が描き分けられて、さりげない表情が好ましく、クナッパーツブッシュの意外な側面を見る思いです。ウイーン・フィルの弦が実に艶やかで魅力的です。


○1963年1月

ブルックナー:交響曲第8番 (改訂版)

ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団
(ミュンヘン、ババリア・スタジオ、ウェストミンスター・スタジオ録音)

大好評であった1月24日の演奏会の直後に録音されたもの。現在はあまり演奏されない改訂版ですが、音色が多少原色的で金管がちょっと刺激的に感じられますが、あるいは版のせいなのかも知れません。演奏は曲の本質を大づかみに捉えた骨太い演奏というべきでしょうか。テンポは遅くはなく、思ったより早めの印象で、細部にこだわらず、サッサと進めて行く印象。その朴訥な・飾らないところが、クナッパーツブッシュのブルックナーを褒める人の好きなところなのでしょう。全体としては版のせいもあるかも知れませんが、響きの色合いの変化が弱いところがあり、その点で やや単調な感じもします。この点はブルックナーでは大事なところで、もう少しニュアンス豊かにして欲しい不満がありますが、聴き手に媚びない感じがあるので、田舎のブルックナーという感じが好きな人にはこれが良いのかもしれません。第2楽章スケルツオは素朴な力強さがあります。第4楽章は多少ワーグナー的な響きですが、スケールは大きく仕上がっています。


○1963年11月15日ライヴ

ブラームス:悲劇的序曲

シュトゥットガルト放送交響楽団
(シュトゥットガルト)

テンポは遅めで旋律をじっくりと歌い込む印象ですが、オケにこの遅いテンポで息を溜めて持ち切る技量がないようで響きが薄くなって、スケールの大きさは確保できていません。がっちりとした構成感はあって素朴な味わいがあり、指揮者のやりたいことは理解できますが、冒頭部や第1主題 にはこの不満がかなりあります。曲が持つ厳粛な雰囲気を緊張感を以て聴き手に実感させるには至っていないと思います。第2主題では滋味ある素朴な味わいがあると思います。


(戻る)