(戻る)

カラヤンの録音(1951年−1955年)

1951年夏:バイロイト音楽祭で初めて登場。「ニュルンベルクのマイスタージンガー」、「ニーベルングの指輪」を指揮。
1952年夏:バイロイト音楽祭で「トリスタンとイゾルデ」を指揮。
1953年2月14日:ミラノでオルフの「アフロデュテの勝利」を初演指揮。
1954年:単身来日して、NHK交響楽団を指揮。
1955年2月:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を率いてアメリカ演奏旅行。
1955年4月5日:ベルリン・フィルハーモー管弦楽団の芸術監督に就任。


○1953年6月20日、7月15日

ベートーヴェン:コリオラン序曲

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングスウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

テンポを早めにとった緊張感ある演奏ですが、響きはちょっと軽めでドイツ風の重厚な響きでないのは仕方ないところ。オケはとても優秀です。第2主題が流れるように優美で、慰めのような情感があるのがとても印象的です。


○1953年6月27日・29日、7月2日・16日

フンパーディンク:歌劇「ヘンゼルとグレーテル」〜前奏曲

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングスウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音、全曲録音からの抜粋)

冒頭のホルンの豊かな響きのなかからドイツの森のうっそうとした雰囲気が沸きあがってきます。それはオケの個性もあって決して暗くジメジメとはしていませんが十分に重厚な響きで、ドイツのロマンティシズムを感じさせる豊かで見事な演奏です。リズムの取り方も自在で、旋律がよく歌っている演奏です。


○1953年7月21日

ワルトトイフェル:ワルツ「スケートをする人々」

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングスウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

仰々しく重い表現をせずに・淡々としたなかにもさりげなくワルツのリズムの軽やかさ、流麗な旋律の息の深さなどが心に残ります。カラヤンのセンスの良さが光る演奏です。こうした小品でもまったく手を緩めることのない態度には頭が下がります。


○1953年11月13日・15日・19日

ベートーヴェン:交響曲第4番

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングスウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

トスカニーニ的なテンポの早い演奏を予想していたら、案に反してテンポを遅めにとった実にオーソドックスな演奏でした。むしろフルトヴェングラーを意識したとさえ言えそうです。オケの響きも低音を強調してドイツ風を志向したものになっています。テンポに若干の余裕を持たせ、表情が柔らかく自然です。この曲の性格をよくつかんだ演奏です。前半の出来が良いと思いますが、特に第2楽章のゆったりと旋律を歌う流れの美しさは格別です。


○1954年2月12日ライヴ

ルーセンベリ:弦楽のための協奏曲第1番

RAIトリノ交響楽団
(トリノ)

スウェーデンの作曲家ヒルディング・ルーセンべリ(1892〜1985)が1946年に作曲した作品。カラヤンには珍しい現代曲ですが、印象的なのは弦の引き締まった響きと・しっかりした造型、そこから見えてくるがっしりした古典的とも言えそうな構成感です。カラヤンが曲をしっかり把握していることがよく分かります。不協和音もカラヤンにかかると実に美しく響きます。RAIトリノのオケも北欧的な暗めの渋い響きをよく出していて、リズムの斬れも見事なものです。


1954年7月24日

マスカー二:歌劇「カヴァレリア・ルステカーナ」間奏曲

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングズウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

カラヤンのお得意のレパートリーですが、後年のベルリン・フィルとの録音とも解釈に大きな相違はありません。強いて違いを上げればベルリン・フィルの弦の方がより艶やか と言えるでしょうが、フィルハーモニア管の弦も スッキリと清潔感があってこれも悪くありません。舞台転換のための音楽ですがひとつの完結した作品であるかのように、清らかで印象深く響きます。旋律の息を大きくとらえるカラヤンの演奏法がよく生きて います。なお、本録音ではホルン奏者のデニス・ブレインがオルガンを勤めてます。ブレインの父親は優秀なオルガン奏者であったそうです。


○1954年11月9−10日

ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングズウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

テンポを速めにとった、颯爽とした若きカラヤンが聴けます。全体のテンポ設計もバランスがよく、緊張感が持続した演奏です。オケの精度も素晴らしいと思います。特に両端楽章はリズムが斬れて、早いテンポにも関わらず造形に一糸の乱れもありません。しかし、同じコンビでの第4交響曲などではあまり感じなかったのですが、やはりこのオケには低重心で重厚な真にドイツ的な響きが不足しているように感じられます。カラヤンは後年、フィルハーモ二ア管について「最初から技術的には完璧だったが、ついに満足することができなかった」と漏らしていますが、その気持ちが少し分るような気がします。カラヤンの骨太い構成感ある演奏がドイツ的な響きを求めているように感じられます。


○1954年11月17日ライヴ−1

ヘンデル:合奏協奏曲・作品6−12

ウイーン交響楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール)

ウイーン響の「弦の引き締まった渋い響きが厳粛でゴシック的な様式感を醸しだしています。ピアノを使用していますが、スタイルはまったく古さを感じさせません。やや遅めのインテンポで形式を守った密度の高い演奏だと思います。


○1954年11月17日ライヴー2

チャイコフスキー:交響曲第4番

ウイーン交響楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール)

ウイーン響時代のカラヤンの貴重な記録です。これがウイーン・フィルならもう少し滑らかな音楽を作っただろうと思うところは確かにあります。そこにウイーン響の力量を感じることはありますが、カラヤンが凄いと思うのは・そういう点があってもオケの力量を見極めて・その力を十二分に発揮させているところだと思います。カラヤンはウイーン響に流麗さを多少犠牲にしても・正確なリズムを刻ませることに重きを置いているようで、カラヤンにしては楷書な感じがある演奏になっていますが、オケはカラヤンの期待に十分応えていると思います。ウイーン響は渋く暗めの音色で・ドイツ的な色彩の濃いオケですから、やや甘味を殺した感じになっています。第1楽章がやはり聴き物でテンポが遅めの分、線の太さと力強さを感じさせます。第3楽章のピチカートによるリズム処理も見事。第4楽章はオケを十二分に鳴らして力強く終わります。


○1955年7月9日−1

スッペ:喜歌劇「軽騎兵」序曲

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングスウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

テンポ早めでスッキリした造形で、後年ベルリン・フィルとの再録音に比べれば小振りですが・こちらの方が曲本来の大きさに近いでしょう。軽みのあるリズムと・若々しく張りのある表情で、行進のリズムの歯切れよさ・哀切な主題の息の深さなど表現に幅があり・カラヤンの語り口の巧さが楽しめます。


○1955年7月9日ー2

シャブリエ:楽しい行進曲

フィルハーモニア管弦楽団
(ロンドン・キングスウェイ・ホール、英EMI・スタジオ録音)

オケの動きが軽く、リズムが斬れて・軽快で、色彩が飛び散るように感じられます。


(戻る)