(戻る)

ネーメ・ヤルヴィ


○2006年6月18日ライヴ−1

モーツアルト:歌劇「後宮よりの逃走」序曲、グリーク:「ペール・ギュント」からの三曲

マリタ・ソンベルク、インゲビエルク・コスモ
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン郊外ヴァルトビューネ、ヴァルトビューネ野外音楽堂)

2006年ヴァルトビューネ野外コンサートのタイトルは、「オリエンタル・ナイト」です。「後宮よりの逃走」序曲はリズムが軽やかで、細やかな表情が魅力的です。「ペール・ギュント」からの三曲はアニトラの踊り・ソルヴェイグの歌・アラビアの踊りで、後の二曲に声楽が入ります。アニトラの踊りは弱音が印象的な演奏、ソルヴェイグの歌はソンベルクの澄んだ歌声が魅力的で聴かせました。


○2006年6月18日ライヴ−2

サン・サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、マスネ:歌劇「タイース」〜瞑想曲

ジャ二ーヌ・ヤンセン(ヴァイオリン独奏)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン郊外ヴァルトビューネ、ヴァルトビューネ野外音楽堂)

ヤンセンのヴァイオリンが旋律の息を十分に取って、とても魅力的です。タイースの瞑想曲は、スッキリした澄んだ表情で旋律を歌いながら、そこはかとない艶やかさを感じさせるところがとても魅力的です。序奏とロンド・カプリチオーソは、小粋でロマンティックな香気を感じさせる佳演と言えます。ヤンセンのヴァイオリン独奏は中高音が艶やかで魅力的、テクニックは十分な上に、細やかなニュアンスをていねいに歌いこんで、表情が活き活きとして 、とてもチャーミングです。ヤルヴィの指揮も曲を大柄に作らず、ヤンセンの繊細な表情をよく引き出しています。


〇2006年6月18日ライヴー3

リムスキー=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」

ダニエル・スタブラヴァ(ヴァイオリン独奏)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン郊外ヴァルトビューネ、ヴァルトビューネ野外音楽堂)

ヴァルトビューネ・野外コンサートでは第1・2楽章と第3・4楽章をふたつに分けて、間にヤンセンによるサン・サーンスなどを挟んで演奏されています。ヤルヴィの指揮は手堅く、スケール感は大きいとは云えず、曲作りがやや小振りに感じられますが、ベルリン・フィルから透明感のある響きを引き出しており、表情は重くならず、だから弱奏の時の繊細な表情が生きて来ます。スタブラヴァのソロは、出過ぎるところのない堅実な出来というところ。ヤルヴィの良さは、第3楽章の「若い王子と王女」の抒情的な表現に表れています。


○2010年3月6日ライヴー1

ブラームス:大学祝典序曲

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

これはなかなかの好演で、テンポは心持ち早めに取り、リズムに活気があり・表情に張りがあって、ここではベルリン・フィルの重厚な弦が良く生きています。ブラームスのがっちりした構成のなかにも・祝典曲らしい華やかさがよく出ています。


○2010年3月6日ライヴー2

ブラームス:悲劇的序曲

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

前プロの大学祝典序曲と比べると、曲想にも拠るのかリズムがやや重めになり・暗めのアンニュイな雰囲気が漂います。全体としては線が太めのスケールも大きい曲作りで・決して悪くはないのですが、テンポ遅めの箇所で若干もたれ気味の感じがなくもなく、全体として一貫してテンポ早めに斬れ良く処理して欲しかった感じがします。


○2010年3月6日ライヴー3

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

全体としてロマンティックな解釈と言えます。冒頭はゆったりと濃厚な味付けで始まりますが、展開部は一転して快速テンポで走りまくります。テンポの緩急の差を大きめに付けていますが、ゆっくりと遅い箇所が若干粘る感じで、その落差がちょっと大きいようです。


○2010年3月6日ライヴー4

グリーグ:劇付随音楽「ペール・ギュント」第1組曲・第2組曲

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

劇付随音楽というのは、描写音楽ともまた異なり・ドラマのなかで音楽が出過ぎてもいけないというところがあると思います。コンサート・ピースとしてドラマティックで派手な音楽作りをすることもできると思いますが、ヤルヴィの音楽作りは背景音楽としての節度を持っているというか、曲も持つ旋律を素朴な感じで歌っていて・派手さはないけれども、好感が持てます。「朝」や「ソルヴェーグの歌」などは簡素ななかにも・そこはかとなく情感が漂ってくるようです。一方、「アニトラの踊り」や「山の魔王の宮殿にて」もリズムをしっかりと打って堅実な出来と言えます。


○2010年3月6日ライヴー5

シベリウス:アンダンテ・フェスティーヴォ

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

荘重で心にしみ入るような弦の厳かな響きで魅了されます。ここではベルリン・フィルのちょっと暗めの弦の響きがよく生きています。


○2010年12月11日ライヴ−1

R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

旋律線が太く手堅い印象に仕上がりました。若干響きの豊穣さと官能性に欠けるところはありますが、疾走感があって・なかなか聴かせます。


○2010年12月11日ライヴ−2

チャイコフスキー:幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」
           バレエ音楽「くるみ割り人形」〜花のワルツ

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー・ホール)

「フランチェスカ・ダ・リミニ」は、ベルリン・フィルの暗めの色調をよく生かして、線が太く・重厚に描かれた音絵巻に仕上がりました。中間部の叙情的な部分でテンポが伸び気味で・表現がややロマンティックに傾いたようで、これがテンポの早い場面とのバランスを欠き、全体の構成はもう少し統一感が欲しいように思われました。その意味ではアンコールの花のワルツで歌い廻しにロマンティックな濃厚な味わいが出ているようで、ここらにヤルヴィの個性がよく出ているのかも知れません。


(戻る)