(戻る)

レオ・ブレッヒの録音 


○1926年12月8日、10日

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲

フリッツ・クライスラー(ヴァイオリン独奏)
ベルリン国立歌劇場管弦楽団
(ベルリン、HMVスタジオ録音)

メンデルスゾーンのこの曲に関しては、依然としてこの録音をベストにしたいと思っています。録音は貧しくて響きの豊穣さは期待できないし、スケールもこじんまりとしていますが、第1楽章からまことに素朴で、清貧といっても良いような美しさがあります。何も言い難い懐かしさと、今はもう失われてしまった古き良き時代への想いを抱かせます。ひとつにはクライスラーの朴訥な語り口に拠るのだろうと思います。テクニック的にはもっと巧い人はいくらもいそうですが、音楽から湧き上がる温かいヒューマンな感覚を誰も真似ることは出来ないと思います。飾り気がない、手作りの音楽という感じがするのです。ブレッヒ指揮の管弦楽も、クライスラーのソロと一体化して出過ぎることがなく、さりげないほど適格なサポートです。第1楽章のゆったりした旋律の流れから一転して、第3楽章の早いリズムに移行していく辺りも、実に小粋で愛らしく感じます。


○1926年12月14日〜16日

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲

フリッツ・クライスラー(ヴァイオリン独奏)
ベルリン国立歌劇場管弦楽団
(ベルリン、HMVスタジオ録音)

初期SP録音なので管弦楽の響きは貧しいですが、その鄙びた雰囲気が何とも懐かしい雰囲気を醸し出しています。まずテンポがゆったりとして、拍がしっかり打ち込まれていることです。これが古典的で重厚な印象につながっています。決してスケールが大きくはなく、むしろこじんまりした感じに思われます。音楽に推進力が付いて元気が良いわけではなく、おっとりと淡々と音楽を綴っている感じなのですが、聴いていて心が和むのは、そこにしっかりした歌心があるからです。それで自然に音楽の器の大きさが出て来るのです。クライスラーのヴァイオリンは、技術よりも歌心優先であり、その柔らかい音色と歌い回しが何とも素晴らしいと思います。クライスラーの温かい人間性が感じられます。第3楽章でもテンポを逸るのではなく、しっかり足が地に付いた音楽なのです。


○1927年11月21日、23日、25日

ブラームス:ヴァイオリン協奏曲

フリッツ・クライスラー(ヴァイオリン独奏)
ベルリン国立歌劇場管弦楽団
(ベルリン、HMVスタジオ録音)

同時期のベートーヴェンの録音と比べて、このブラームスでは音楽の線が引き締まった感じがします。決して堅苦しさはありませんが、リズムをしっかり取って、造形が折り目正しくフォルムへの意識が強いところに、ブラームスが彼らにとって時代的に親しい音楽であることが感じられます。同様なことはクライスラーのヴァイオリンについても言えて、テクニックを自在に駆使しながら、決して枠組みをはずさず、ロマン性は外に向けて開放されるのではなく、内に向かって凝縮するかのようです。この点に同時代のフォルム感覚を共有する者たちの真実があるようです。そのような特質が、特に第1楽章に感じられます。スケールの大きさや熱さというものはあまり感じませんが、その熱いエネルギーは一個の宝石のなかに閉じ込められた硬質の輝きになって現れます。第2楽章も静けさが浸み入るような印象的な表現です。


 


(戻る)