(戻る)

バーンスタインの録音 (1986年)


○1986年10月ライヴ

シベリウス:交響曲第2番

ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
(ウイーン、ウイーン楽友協会大ホール、独グラモフォン・ライヴ録音)

音絵巻としては見事な出来ですが、シベリウスが想い描いたドラマは十分に描けず、表面的に響いている感じがします。特に第4楽章はテンポをたっぷりとってスケールの大きい演奏担っていますが、ウイーン・フィルの音色が明るく暖かいせいか、第1楽章を聴いていると、北欧よりはだいぶ緯度が南に感じられ、荒涼とした風景の厳しさとりもは、なんだか豊かな農村風景みたいで、いまひとつニュアンスが違うようです。第2楽章の抑えた重苦しい雰囲気も聴き手に突き刺さるように響いてこない不満を感じます。


(戻る)