(戻る)

バーンスタインの録音 (1983年)


○1983年8月23日ライヴ

ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」

ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団
(ロサンジェルス、ハリウッド・ボウル)

バーンスタインはウイーン・フィルとはオーソドックスなベートーヴェンを振っていて・多少ヨーロッパ・コンプレックスを感じますが、故国アメリカのオケを振ったこの演奏では、造形もシャープで・フレッシュな感覚があります。特に前半の2楽章はテンポも若干早めで・リズムも斬れており、勢いのある簡潔な表現がなかなか良いと思います。ロサンジェルス・フィルは高弦が引き締まって、力強い響きです。第2楽章も過度に思い入れをいれず、純音楽的な表現が好ましいと思います。しかし、後半はややテンポが重くなり、恰幅は良いのですが・勢いが削がれて、巨匠風の臭みが出ているように感じられます。これは前半の調子で通してもらいたかった。


(戻る)