(戻る)

アバドの録音 (1998年)


○1998年2月28日ライヴ

マーラー:歌曲集「不思議な子供の角笛」(「原光」を含む全13曲)

アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ独唱)
マティアス・ゲルネ(バリトン独唱)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
(ベルリン、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

オッターもゲルネも声質が豊穣で、とてもよく響きます。おかげで歌唱が耳に心地良いですが、全体的に牧歌的、メルヒェン的に響きます。そういう要素がこの歌曲集にないわけではないですが、曲のなかのアイロニカルな要素は消えて聴こえます。この点ではアバドの指揮も、歌手に無難に付けているという感じで、いささか物足りない。ベルリン・フィルの響きも豊穣に過ぎて、歌手の歌に対して突き刺さって来るところがあまりありません。ちょっと期待はずれの演奏でありました。オッターが歌い「無駄な骨折り」、あるいは「浮世の生活」など、ニュアンス豊かで世話物歌曲としての面白さで聴かせますが、その裏にある皮肉な味わいを読まねば、マーラ―にならないのではないでしょうか。ゲルネは恰幅の良い歌唱ですが、「死んだ鼓手」はもっと虚無的な要素を表現していないと、掘り下げ不足で物足りません。


(戻る)