きすけクラブ
FM-DXガイド

FM-DXとは

「FM」はFM放送、「DX」は遠距離受信。広義では「遠くのFM放送を受信する事」を意味します。「遠距離受信」と聞けばなんとなくハードルが高く感じるかもしれませんが、「普段は聞こえない放送を聞いてみる」程度で気軽に始めてみましょう。

楽しみ方

通常、FM放送の電波は見通し範囲内しか届かないので、基本的にはAM放送や短波放送と違って近隣の放送しか聞こえません。ところが外部アンテナを設置したり、高い山に登ると状況が一変して驚くほど広範囲のFM放送が聞こえるようになります(国内FMの受信リストを参照)。場所によっては300km以上離れた地域の放送が聞こえるケースもあるようです。またEスポ等による異常電波伝搬によって、さらに遠方の電波がキャッチできるでしょう。受信設備を整えて東南アジアやオセアニアの海外FMを追いかけるもよし、カーラジオで遠方の民放FMを聞きながらドライブするもよし、旅先でコミュニティFMを探すもよし。自分のライフスタイルに合わせて「聞く」FM-DXを楽しんで下さい。

さらに、もう一つの楽しみはベリカードの収集です。当サイトを訪れるビジターの7割以上が「ベリカード」を含むキーフレーズで検索されており、未だに根強い人気があるようです。その昔、日本の民放FMは50数局でした。ところが今やコミュニティFMだけで約300局。あっという間に国内のAM放送やTV放送の局数を大幅に上回り、コレクター魂をくすぐられる大きなカテゴリになっています。今後もコミュニティFMは増える一方ですし、FM補完放送も専用のベリカードを発行するケースが増えています。国内FM局の完全制覇を目指しながら「集める」FM-DXも楽しんでみてはいかがですか?

受信設備

とりあえず高価なラジオやアンテナは必要ありません。Eスポのシーズンなら手持ちのポータブルラジオやカーラジオでも、かなりの頻度で遠方のFM放送を聞く事ができるでしょう。ただし、海外のFM局は主に88~108MHzで放送しています(従来の日本は76~90MHz)。国内外のFM放送を幅広く聞きたいのであれば、この周波数をカバーしているラジオが必須です。

国内では2012年のTV放送地上デジタル化に伴って一時姿を消していたワイドバンド対応(76~108MHz)のFMラジオが、2015年からのFM補完放送開始に合わせて再発売されています。これらは家電量販店やディスカウントショップでも購入できますので、ぜひ一度ご覧になって下さい。また近年は海外製DSPラジオの評判が良いようです。総じてFMバンドの感度やS/Nに優れたモデルが多いと言われ、前述のワイドバンドも受信できます。価格も国産メーカーに比べると割安で、管理人も思わず購入してしまいました。

その他、管理人のおすすめは通称「ドングル」と呼ばれるUSBワンセグTVチューナーです。これをSDR#等のフリーソフトで作動させると広帯域受信機(25~1700MHz程度)として使用できるようになります。安価なタイプはAmazonにて1000円以下で入手可能。4エレ程度のFMアンテナとの組み合わせで、かなり本格的な海外FM-DXが楽しめるはずです。

TECSUN PL-380 簡易延長パイプアンテナ

PL-380を購入して3日 … 早くもFMバンドの感度に不満を感じてしまいました。カーラジオで普通に聞こえる局が、PL-380では明らかに弱々しいのです。どうやら根本的にアンテナ長が足りない模様。全長55cmのロッドアンテナを、手持ちの70cmに換装しても結果はイマイチでした。そこで用意したのが8mm径のアルミパイプです。内径はロッドアンテナにジャストフィット。とりあえず長さは85.5MHz=84cm(短縮率96%で計算)にカットしました。これで国内FM局の76.1~94.9MHzが平均的にカバーできるはずです。

・アルミ丸パイプ(8mm径、0.5mm厚、1m長)… 188円
・PVC先端キャップ2個入(7.5mm径、0.8mm厚、15mm長)… 100円

チェックを行ったのは広島県呉市の音戸の瀬戸公園(海抜212m)。早速アルミパイプを抜き差ししながら比較したところ、これが効果抜群! FMバンド全般でS/Nが5~8dB程度アップして、ETMメモリが37局から48局に増えました。微弱な電波が面白いように浮き上がってきます。この日はコンディションにも恵まれて大阪・和歌山・宮崎のFM補完放送や、下界では滅多にお目に掛かれない89.9MHzのKiss FM Kobeがクリアに受信できました。ちなみに先端キャップは単なる飾りで完全に自己満足の世界です。

広島エフエム休山中継局受信のビフォーアフター

ビフォー アフター アンテナの先端

用語解説

  • ■ Eスポ

    スポラディックE層の略称。さらに略して「Es」と表記されます。これは主に春から夏にかけて上空約100km付近に突発的(スポラディック)に発生する電子密度の高い電離層(E層)の事で、通常は電離層を突き抜けてしまうVHFの電波が反射して地上に戻ってくるという異常電波伝播現象を引き起こします。これによって1000~2000km離れた遠方のFM放送が受信できるようになるのです。ちなみに「NICT 'fxEs'」で日本各地のスポラディックE層の状況が確認できます。これは沖縄・山川(鹿児島県)・国分寺(東京都)・稚内(北海道)上空の臨界周波数を示しており、この数値がEs発生の目安になります。

  • ■ ベリカード

    "Verification Card(ベリフィケーションカード)"の略語。放送局がリスナーからの受信報告書に対して発行するカード式受信確認証の事です。各放送局は趣向を凝らしたカードを作成しており、「BCL」と呼ばれる放送受信愛好者にとってはこの収集が楽しみの一つとなっています。これに対して文書のみの確認証を発行している放送局もあり、こちらは「ベリレター」と呼ばれています。これらはあくまでも放送局側の厚意であり、義務ではありません。それを踏まえて節度ある収集を心掛けたいものです。

  • ■ FM補完放送

    AMラジオ局がFM放送用の周波数を使用した放送の事。難聴取・外国波混信・災害対策に使用されています。以前から使用されていた沖縄のAMラジオ局のFM中継波等も、このFM補完放送としてカウントされるようです。基本的に周波数は90~95MHzが割り当てられるため、ワイドFM対応のラジオか、過去に販売されていたアナログTVの1~3chの音声が受信できるラジオでしか聞くことができません。なお、各局共に独自の愛称やキャッチコピーを使用するなどして、一般的な普及を目指しています。

  • ■ DSPラジオ

    DSPとは"Digital Signal Processing"の略語で、DSPラジオは電波の同調・検波・増幅をマイクロプロセッサでデジタル処理する方式のラジオです。従来のアナログラジオに比べてS/N・歪率・セパレーション等の基本特性が優れています。部品点数が少ないためにローコストで小型・軽量化が可能。また、コイル等の調整箇所がないので経年変化がありません(アナログは再調整が必要)。

<< Home
国内FMの受信リスト >>