乾漆ヘラ芸・指頭画による『漆画』
乾漆ヘラ芸・指頭画
8号 漆画
入山白翁作
富士
わがふるさとは日本 富士は日本人の心のふるさと

富士山麓に通うこと30有余年 自然風物 巨木礼讃

それを求めて東奔西走 漆画に表現して久し

漆芸術3000年 不変の誇りあり

芸術に国境なし
一本の竹べらで漆に挑む
漆画は強靭な粘りをもつ漆を、独特な手法を使って一枚の絵に仕上げゆく、

漆の芸術である。下地を施した板に生の漆を厚く伸ばし、その漆の肉に

一本の竹べらで一気に切り込み、ヘラの勢い、角度により線に微妙な変化を

生み出す。やり直しの利かない、一本勝負の芸術である。
※ 展示作品の著作権について              

  このホームページに表示されている全ての画像データの

  著作権は、入山白翁に帰属しており、法律により

  保護されています。

  これらの作品の営利目的への利用、不特定または多数の人

  への展示等は禁止されておりますのでご注意ください。
前のページ 次のページ



1 2 # 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21