遺産分割協議書

相続財産調査と相続人の確定ができたら、
相続人間で話し合いを行います。
これが、遺産分割協議です。

これを書面にしたのが遺産分割協議書です。
定型の書式はありません。

記載方法は、財産目録を作成し、
この目録記載の遺産を、
誰が、どのように、相続するのかを
具体的に記載しなければなりません。

遺産分割協議書の作成相談をお受けいたします。




      例      

                   遺 産 分 割 協 議 書


被相続人甲野 太郎の遺産については、同人の相続人の全員において分割協議を行った
結果、各相続人がそれぞれ次のとおり遺産を分割し、取得することに決定した。

1相続人甲野 花子が取得する財産

   A市B町1丁目2番3      宅地       150.00u

  A市B町1丁目2番地3   
家屋番号2番3 居宅 木造スレート葺2階建
                               1階 75.00u  2階 25.00u

   株式会社乙山からの被相続人甲野 太郎の退職金のうち      8,000,000円

   株式会社ABCの被相続人甲野 太郎名義の株式                  100,000株

   居宅内にある家財一式                                           2,000,000円

   電話加入権                                                             50,000円

   安心生命保険相互会社
   保険証券番号イロハ組321号 死亡保険金                    20,000,000円

   安全銀行優良支店の被相続人甲野 太郎名義の普通預金および解約利息
                  口座番号112233                                        1,234.567円
                   同上 解約利息                                                 987円
   現     金                                                                54,321円

 2.相続人甲野 一郎が取得する財産

    株式会社乙山からの被相続人甲野 太郎の退職金のうち     5,000,000円

    株式会社XYZの被相続人甲野 太郎名義の株式                  300,000株

 3.被相続人甲野 太郎の財産について未計上部分が見つかった場合においては
    相続人甲野 花子が取得する財産とする。

   以上のように相続人全員による遺産分割の協議が成立したので、これを証するため
    本書を作成し下記に各自署名捺印する。

     平成**年*月**日

                     ***県A市B町1丁目2番3号

                                                      相続人     甲野      花子                   

                     ***県A市B町1丁目2番3号

                                                       相続人     甲野      一郎                   




  6       相   続 目次へ       遺産分割協議書             
      トップページへ                       
      相続業務                                        井田行政法務事務所・2001年