│  ホーム  │  ビジネス情報  │  経営コンサルティング  │ マネー  │ 行政の電子化  │

  ◆世界経済           ▼世界の国々                                              オフィス・イダ・2001年


●はじめに

世界には多くの国がある。

私が学校で習ったときは、40年位前だが、110か国位だったと思う。
オリンピックのときに、国が増えたことを知るのだが、
国の名前と世界地図での場所が一致するする国はそう多くはない。

IT革命、グローバル化が進行する中で、
これからのビジネスや会社運営のあり方、日本における経済活動を考えるとき、
世界経済はどうなっているのかを把握しておきたい。

このサイトでは、個別の企業や産業についてではなく、
マクロ的な世界経済について概要を紹介していく。
新聞等で世界のビジネスが報じられたときに、その理解に役立つかもしれない。

●世界には多くの国がある-1-

あなたはいくつご存知だろうか。

各国・地域の情報は、次のサイトが便利。
地図、基礎データのほか、最近の情勢や日本との関係まで、幅広く掲載している。
外務省 http://www.mofa.go.jp/mofaj/
各国・地域情勢 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/index.html

アジア20、大洋州14、北米2、中南米33、欧州(NIS諸国を含む)52、中東15、アフリカ53

アジア
インド、インドネシア、ヴィェトナム、カンボディア、シンガポール、スリ・ランカ、タイ、韓国、中国、ネパール、
パキスタン、バングラデシュ、ブータン、フィリピン、ブルネイ、マレイシア、ミャンマー、モルディヴ、モンゴル、ラオス

大洋州
ヴァヌアツ、オーストラリア、キリバス、ソロモン諸島、トゥヴァル、トンガ、ナウル、ニュー・ジーランド、
パプア・ニューギニア、パラオ、フィジー、マーシャル、ミクロネシア、クック諸島

北米
米国、カナダ

中南米
アルゼンティン、アンティグア・バーブーダ、ヴェネズエラ、ウルグァイ、エクアドル、エル・サルヴァドル、ガイアナ、
キューバ、グァテマラ、グレナダ、コスタ・リカ、コロンビア、ジャマイカ、スリナム、セント・ヴィンセントおよび
グレナディーン諸島、セント・クリストファー・ネイヴィース、セント・ルシア、チリ、ドミニカ国、ドミニカ共和国 、
トリニダッド・トバゴ、ニカラグァ、ハイティ、パナマ、バハマ、パラグァイ、バルバドス、ブラジル、ベリーズ、
ペルー、ボリヴィア、ホンデュラス、メキシコ

欧州(NIS諸国を含む)
アイスランド、アイルランド、アゼルバイジャン、アルバニア、アルメニア、アンドラ、イタリア、ヴァチカン、ウクライナ、
ウズベキスタン、英国、エストニア、オーストリア、オランダ、カザフスタン、ギリシャ、キルギス、グルジア、
クロアチア、サイプラス(キプロス)、サン・マリノ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロヴァキア、スロヴェニア、
タジキスタン、チェッコ、デンマーク、ドイツ、トルクメニスタン、ノールウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、
ブルガリア、ベラルーシ、ベルギー、ポーランド、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ポルトガル、マケドニア、マルタ、
モナコ、モルドヴァ、ユーゴスラヴィア、ラトヴィア、リヒテンシュタイン、リトアニア、ルーマニア、ルクセンブルグ、ロシア

中東
アフガニスタン、アラブ首長国連邦、イエメン、イスラエル、イラク、イラン、オマーン、カタル、クウェイト、
サウディ・アラビア、ジョルダン、シリア、トルコ、バハレーン、レバノン

アフリカ
アルジェリア、アンゴラ、ウガンダ、エジプト、エティオピア、エリトリア、ガーナ、カーボ・ヴェルデ、ガボン、
カメルーン、ガンビア、ギニア、ギニア・ビサオ、ケニア、コモロ、コンゴー共和国、コンゴー民主共和国、
サントメ・プリンシペ、ザンビア、シエラ・レオーネ、ジブティ、ジンバブエ、スーダン、スワジランド、セイシェル、
赤道ギニア、セネガル、象牙海岸共和国、ソマリア、タンザニア、チャード、中央アフリカ、テュニジア、トーゴー、
ナイジェリア、ナミビア、ニジェール、ブルキナ・ファソ、ブルンディ、ベナン、ボツワナ、マダガスカル、マラウイ、
マリ、南アフリカ、モザンビーク、モーリシャス、モーリタリア、モロッコ、リビア、リベリア、ルワンダ、レソト


●世界には多くの国がある-2-
本サイトでは、以下の分類に従い、各国を地域的に分類し、表現していることが多い。

先進国(OECD加盟29か国)
アイスランド、アイルランド、アメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、オーストリア、オランダ、カナダ、韓国、
ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、チェッコ、デンマーク、ドイツ、トルコ、日本、ニュー・ジーランド、
ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、メキシコ、ルクセンブルグ

途上国
非OECD加盟国

英語圏諸国
アイルランド、アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュー・ジーランド、メキシコを除くOECD加盟国(22か国)

EU加盟国(15か国)
アイルランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、
フィンランド、フランス、ベルギー、ポルトガル、ルクセンブルグ

ユーロ圏(11か国)
アイルランド、イタリア、オーストリア、オランダ、スペイン、ドイツ、フィンランド、フランス、ベルギー、
ポルトガル、ルクセンブルグ

アジアNIEs(4か国・地域)
韓国、シンガポール、台湾、香港

ASEAN(10か国)
インドネシア、カンボディア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレイシア、ミャンマー、ラオス

東アジア
アジアNIEs、ASEAN4か国(インドネシア、タイ、フィリピン、マレイシア)、中国

中・東ヨーロッパ
スロヴァキア、チェッコ、ハンガリー、ブルガリア、ポーランド、ルーマニア

CIS諸国
ロシア連邦、ウクライナ、ベラルーシ、モルドバ、カザフスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、キルギス、
タジキスタン、アゼルバイジャン、アルメニア、グルジア


●国際機関(経済関連)

国際通貨基金・IMF
IMF(国際通貨基金)は加盟国の出資金で、世界の為替相場の安定をはかる機関


世界貿易機関・WTO
貿易自由化交渉、93年ウルグアイ・ラウンド、多角的貿易交渉

非政府機関・NGO
WTOは先進国の味方で、環境破壊にも無頓着だ、という批判

APEC(Asia-Pacific Economic Cooperation:アジア太平洋経済協力)
アジア太平洋地域における政府間経済協力の場として、1989年11月発足
APECは、経済面での協力を通じた地域の経済発展の促進を目的とする
貿易・投資の自由化、貿易・投資の円滑化、経済・技術協力を柱として活動

ASEAN(Association of Southeast Asian Nations)
東南アジア諸国連合

アジア欧州会合(ASEM, Asia-Europe Meeting)
1996年3月、ASEMは、経済のみならず、政治、文化等、広範囲な分野を対象とした
アジアと欧州の地域間の対話と協力であるのが特徴

経済協力開発機構(OECD)
先進工業国を中心とする経済に関する国際協力機関
欧州諸国、アメリカ、日本など29ヵ国の先進工業諸国
OECDの目的、経済成長、開発途上国援助、自由かつ多角的な貿易の拡大




          ホームページへ                   世界経済・目次へ