後書き


ここまでありがとうございました。
今回少し短めの話でしたが、いかがでしたでしょうか。
このお話は、ストリエの「ルルル文庫新人発掘コンテスト」に応募して落選した物に手を加えた物です。
もしかしたらぱっとする話ではないかもしれませんが、書いている本人は楽しんで書けました。
今回出版社のお話でしたが、出版業界についてはよくわからないので、ふんわりした内容になっています。
そんな感じなのですが、楽しんでいただけたなら幸いです。


モドル