積み木遊びをたくさんたのしみましょう!!

積み木遊びをするときには
基尺をかならず 揃えましょう。
 積み木の基尺とは、その積木の基本となる寸法のことです。

30mm、40mm、45mm、50mm基尺の積み木が一般的です。
例えば「40mm基尺」というものは、積み木の辺の長さが
40mmの倍数になっているものを言います。
 (例)【20×40×40】【20×40×80】【40×40×80】等などです。
 小さな大工さんでは、主に30mm、40mm、45mm、50mm基尺の積み木を作っています。
積み木遊びの基本は、同じ基尺で遊ぶことです。
なぜかというと、基尺が同じじゃないと積んでもズレが生じ
上手に積んでいくことができないからです。


40mm基尺、45mm基尺のつみきサンプル もございます。
サンプルでご確認していただくとより安心して積木あそびを楽しんでいただけます。ぜひ一度手にとってご確認してみてください。


↑↑基尺が同じだと積むとピッタリなんです↑↑


小さな大工さんは、たくさんのこだわりを持って積み木を皆さまへご提供しております。