射撃 狩猟 のページ

 射撃 狩猟について、 まず銃の所持方法。火薬類の購入方法。狩猟免許の取り方の順に説明してみたいと思います。銃砲刀剣所持等取締法。火薬類取締法。狩猟法等の説明でかなりめんどうな印象を受けられると思いますが、ハンティングや射撃競技が、他のスポーツと異なるは、使用具である銃やタマ(火薬類)について、厳しい規制があることで、それらの法規について、まず知らねばなりません。そして事情に応じて、所定の順序で手続きをふむ必要がありますので、一通り説明しましょう。最後のほうで、要点、手続き等に対する体験的実感、等を述べてみたいと思います。

ライン

銃の購入方法

 1.銃を持つ資格のない人

次の項目に該当する人は許可が得られませ

a. 猟銃は20才未満、射撃用途の空気銃は18才未満。ただし、都道府県の体育協会(クレー射撃協会、ライフル射撃協会を 経由)から、 射撃競技の選手又はその候補者として推薦を受けた人は猟銃は18歳以上、空気銃は14歳以上であれば,所持許可が受けられます。
b. 精神病者、麻薬 覚醒剤 アルコール 阿片 等の中毒者。精神衰弱、精神薄弱、強度のヒステリー患者等
c. 住居の定まらない者。
d. 銃砲刀剣所持等取締法の規定によって、所持許可の取り消処分を受けた日から5年を経過していない者。
e. 所持許可取り消し処分に係わる聴聞事項が公示された後に、故意に許可を執行させて行政処分を不能と した者で5年を経過していない者。
f. 銃や刀剣の不法所持によって、罰金以上の刑に処せられ、その刑が終ってから(又は執行猶予の期限後) 5年を経過していない者。
g. 銃や刃物を使用して犯罪を行い罰金以上の刑に処せられ、その刑が終わってから(又は執行猶予の期限後)5年を経過していない者。
h. 集団的又は常習的な暴力的不法行為で国家公安委員会規則で定める者を行うおそれのある者。
i. 他人の生命や財産又は公共の安全を害すおそれがあると認めるに足りる相当な理由がある者。
j . 銃の保管義務や譲渡制限に対して、罰金以上の刑に処せられ、その刑が終わってから(又は執行猶予の期限後)5年を経過していない者。
k .  銃や刃物を使用して兇悪な犯罪(長期3年以上の懲役に当たる者に限る)を行った日から10年を経過して いない者。(この項は猟銃の許可について適用)
l .  同居の親族(内縁を含む)に i 項 該当者があるときには許可されない場合がある。   

2.何はともあれ、まずは講習会

銃の所持に関する法律ばかりでなく、火薬や狩猟に関する法律も知っておかねばならないため、まずその講習を受けねば許可を得る資格がありません。                  

 猟銃等講習会(初心者)

           申込先   :  住所地の警察署生活安全課  

           申込書類   :  @受講申込書   1〜2部  *
                    A写真(ライカ判)  1〜2枚  *
                    B手数料 (各都道府県の収入証紙)
                         ¥6.000
     

大体月に1〜2回、開催されます。受ける方は、前もって申請が必要です。受講は1日ですみます。講習の終了直後に三択式テストが行われますが、講習内容をまじめに聞いていれば合格します。合格すすると講習終了証明書が交付されます。 3年間有効。 (講習の開催日程はどこの銃砲店でも教えてくれす。申込用紙もあり、講習の教材も販売されていますので、気軽に相談してください。)

3.所持許可の申請手続(その1)

カタログで銃の形や値段ばかり研究されても、適切な銃が決まるわけではありません。やはり銃砲店で相談したり、相当のキャリアを持つ先輩ハンター等に相談される必要があります。専門家と色々相談して、良い銃を選択してください。さて銃が決まると、銃砲店では所持許可申請に必要な書類を作り、手続要領を説明してくれます。どんな人がどんな銃を所持しようとするのかによって、次のいく通りかの手順に分かれます。

A. 初心者が空気銃を持とうとする場合
B. 初心者が猟銃を持とうとする場合。
C. 経験者が猟銃や空気銃を持とうとする場合

経験者とは現に猟銃か空気銃の所持許可を持っている人のことですが、経験者にも次の4通りがあります。 
a. 現に空気銃を持っている人がさらに空気銃を持とうとする場合
b. 現に空気銃を持っている人が猟銃を持とうとする場合。
b. 現に散弾銃を持っている人が散弾銃や空気銃を持とうとする場合。又は現にライフル銃を持っている人がライフル銃や空気銃を持とうとする場合。
d. 現に散弾銃を持っている人がライフル銃を持とうとする場合。又ライフル銃を持っている人が散弾銃を持とうとする場合。

          

ここでA、C−a、C−cに該当する人は次の所持許可申請手続により直接申請できます。その他のB、C−b、C−dに該当する人は次の技能検定又は射撃教習を受ける手続手順をふむものです。 

射撃教習 

銃を持つ前にその取り扱いや撃ち方に慣れてもらう意味で、教習射撃場に行き教習射撃指導員による実地指導を受けることです。銃の取り扱い、射撃上の諸注意を教えられ、実際の射撃の仕方をコーチされ、最後に成果のほどをテストされます。銃は射撃場備え付けの物を使い、1日ですみます。民間の人たちによって運用され、よく教えてからテストする等、ムードも柔らかく受講の機会が常設的に設けられているので、通常は、ほとんどの人がこれを受けています。他県の教習射撃場を利用することもできます。

技能検定

警察の担当官が試験官となり、実射テストを中心に所定の取り扱い動作マナーが出来ているかを、実射の成績を含めて採点される、テスト一本勝負です。銃は警察の方で用意した物を使います。検定の機会が非常に少ないことと検定日が指定される関係で、あまり利用する人はありません。
                           

射撃教習又は技能検定

いずれを受けたいかを選んで申請をします。

申請先  : 住所地の警察署生活安全課。
申請書類 用紙は銃砲店などにあります。

 

@ 射撃教習受講資格認定書又は技能検定申請書 1〜2部 *
A 写真(ライカ判) 2枚
B 医師の診断書 1枚
C 戸籍抄本及び住民票の写し 各1枚
D 猟銃等講習終了証明書(提出又はコピー提出) 1枚 *
E 経歴書 1〜2部 *
F 同居親族書                1〜2部 *
G 譲渡承諾書 1〜2部 *

以上をそろえて本人が申請に行きます。なお、Cに該当する人は、B、Cは不要ですが、現有の所持許可書を持参してください。  

この時点で銃をどれにするか特定できない場合も、銃砲店へ相談してください、G譲渡承諾書が無くとも申請は受け付けてくれます。銃を知人から譲り受ける場合には、Gはその知人に書いてもらいます。又この申請の際Gは提示するだけで戻されることがありますが、その場合には次の所持許可申請(その2)の時に提出します。この申請を受理した段階で、警察では申請者が銃を所持するのに適格であるかどうかを調査しますので、その審査に3週間前後を要しているのが普通です。適格者には、射撃教習受講資格認定書又は機能検定通知書が交付されます。

手数料は射撃教習の認定書の場合¥7.800*(銃使用料を含まず)、検定通知書の場合は¥21.000*(銃使用料を含む)です。射撃教習の方は受講を希望する射撃場へ電話し、あらかじめ申し込んでおくのが普通です。射撃教習受講資格認定書の有効期間は3ヶ月ですから、その間に受講を済ませて下さい。一回で合格しなければその間何回でも受講できます。一方、教習も検定も銃は貸与された物を使いますが、実射に使用する実包(火薬類)は自分で購入します。ついてはその手続き―火薬類譲受許可申請(タマの購入方法の項)―は認定書又は通知書を受けた時点で申請するか、又は当初認定申請等をする際に同時に申請しておきます。射撃教習や技能検定は一日で終了し、合格者にはその場で教習終了証明書技能検定合格証明書が交付されます。この証明書が次の所持許可申請に必要ですが、有効期間はいずれも一年間です。

所持許可の申請手続 (その2)

申請先: 住所地の警察署生活安全課
申請書類: 用紙は銃砲店などにあります。
 
@ 銃砲所持許可申請書   1〜2部 
A 写真(ライカ判) 2枚
B 医師の診断書 1枚
C 戸籍抄本及び住民票の写し 各 1枚
D 猟銃等講習終了証明書(提示又はコピー提出) 1枚
E 教習終了証明書又は検定合格証明書(提示又はコピー提出) 1枚
F 経歴書 1〜2部 *
G 譲渡承諾書 1〜2部 *

手数料は、新しく所持許可が交付される場合は¥8.600、すでに所持許可証のある物に追加記入してもらう場合は¥5.100で申請時に都道府県の収入証紙で納めます。以上を揃え本人が申請に行きます。書類がたくさんありそうですが、以下の例外があります。
 

1) 射撃教習や技能検定を手順良く済ませて一ヶ月以内ぐらいにこの申請をする場合はBCDEFGを省略することが出 来ます。*
2) 前項のAの該当者はEが不要です。
3) 前項のC−a、C−cの該当者はABCEが不要です。所持許可証は持参して下さい。
4) C−b、C−dの該当者はABCが不要です。所持許可証は持参して下さい。

なお、経歴書の記載要領は一度これを提出してあれば次回からは前回に記載した以後の変化のみを記載すればよいことになっています。通常この申請後許可までは約3週間を要しますが、教習射撃等から日数を経ずして手続していった場合には一週間以内に許可になるのが普通です* 。許可になると警察から通知がありますので認め印を持参して所持許可証を受領して下さい。Cに該当する人は所持許可証を持参し、許可事項を併記してもらいます。尚手数料は、同時に数丁の銃を申請する場合、銃の更新と重なって申請する場合などは、減額規定がありますので、予め警察に問い合わせて下さい。

■所持許可証が交付されたら

銃砲店(譲渡人)へ所持許可証を提示して、銃を引き渡してもらいます。このとき警察によっては銃砲店から銃の「引渡書」のような書類を要求されることもあります*。新様式の所持許可証には、引き渡し者の証明欄に証明の記入をします。銃を入手してから14日以内に銃と許可証を持って警察に行き確認 」を受けます。この確認を受ければ、。所持許可の手続はすべて終了です。(注)譲渡人が銃砲店でない場合は、譲受人に「猟銃等引渡書」を出します。譲受人はこれに「許可事項まっ消申請書」または「所持許可返納届け」を添えて、許可書発行警察署に届けることが必要です。猟銃の中でもライフル銃は、特に次の条件が必要ですのでご注意下さい。

■狩猟に使うライフルは・・・・・・

@ 獣類の捕獲を職業とする者
A 農業、林業、漁業等事業の被害防止上ライフル銃で獣類を捕獲する必要のある者。
B

継続して10年以上、猟銃の所持許可を受けている者。

以上3項のいずれかに該当しなければ許可されませんし、手続き上も@、Aを証明する書類を要します

         ■ライフル射撃競技に使うものは・・・・・・

都道府県のライフル射撃協会を通じ、日本体育協会の推薦を受ける必要がありますが、ライフル協会では、その推薦の基準として【イ.ある期間、会員であり、協会主催の競技会に年に何回か出場していること。 ロ.段級審査において5級以上に合格していること(段級審査は空気銃や光線銃によっても受けられます。】 エアーピストル等は、元来空気銃の仲間ですが、その形の上からライフルよりもさらに厳しい規則があり、ライフル協会の推薦基準も上記より一段と厳しくされているので、詳細は協会へ問い合わせて下さい。

   もう一度普通の銃の入手方法を簡単に説明しますと

1). 銃砲店で銃を定めると、申請に必要な書類をつくってくれ、要領を詳しく教えてくれます。講習会がまだでしたら、それを受けて下さい。
2). 警察署生活安全課に所持許可の申請をする。
3). 交付された許可証を持って銃砲店へ。
4). 銃と許可証を持って警察へ行き「確認」を受ける、と言う順序です。                   


         
                   

練習射撃

空気銃は従来も射撃場にある貸与銃を用いて、そこで射撃を楽しむことが出来ましたが、法改正により、猟銃も次の場合には射撃場備え付けの銃を使って射撃練習をすることが出来るようになりました。利用できる人 ―  @猟銃の所持許可を受けた者。A有効な技能検定合格証明書か教習終了証明書を持つ者であって、射撃練習の資格の認定申請をして「練習資格認定書」の交付を受けた者。従って@は銃の所持許可書を、Aは認定書を射撃場へ提示しなければ成りません。射場の備え付けの銃に適合する実包を購入するために、@該当者ですでに実包を持っている者はその実包を使えますが、それ以外の者は適合実包について譲受許可証の交付を受けなければなりません。また所持許可または資格認定を受けた銃種についてのみ利用可能で、例えば散弾銃のみの所持者がライフルを、逆にライフルのみの所持者が散弾銃を練習することはできません。

  本文中の*は都道府県によって異なることがあります。
 

装弾及び火薬類の購入方法

装弾(俗に言うタマ)。ここでは、ケースに雷管、火薬、弾丸が装着された「実包」のことで、そのために火薬類取締法の規制を受けます。従って、空気銃弾、 散弾、ライフル弾丸は、それらの規制が無く、自由に購入することが出来ます。銃に使う火薬類はその用途によって2通りの購入方法があります。

 ●射撃用装弾(火薬類)の購入方法

公安委員会発行の「火薬類譲受許可証」が要ります。

申請先 : 住所地の警察生活安全課

申請書類

@ 火薬類譲受申請書−1部
A 手数料 *
B 銃砲所持許可証−提示

 手数料は、実包のみ申請する場合には¥2.300実包と火薬雷管等を同時に申請する場合には¥3.000です。申請後1〜3日間で許可証が交付されます(所持許可証に併綴されている該当ページに許可印がなされます)。銃砲店や射撃場で装弾を購入する際には、必ずこの許可証を提出して、購入した火薬類の種類と数量を記入してもらう必要があります。この際もまた射撃場の受付でも、銃の所持許可証は必ず提示を求められます。申請用紙は銃砲か薬店にあり、記入も簡単です。火薬類譲受許可証は、普通は有効期限1年間で、各種実包、雷管2.000個、火薬5kgまでの数量が明示されます。期間内に許可数が満了になったり、期限が切れた場合には、はじめと同様、新しい許可証を申請すればよいのです。2.000発を短期間に消費する射撃熱心な方は、銃砲店等に相談して下さい。5.000発までの許可を受ける方法もあります。用途が「標的射撃用」とのみ指定されたこの許可証で購入した実包等を、狩猟用に使うことは出来ません。

●狩猟用装弾(火薬類)の購入

狩猟用の火薬類は次の2通りの購入方法があります。

@申請先と申請書類は射撃用装弾と同様ですが、別に狩猟者登録証を提示する必要があります。A地区の猟友会の会員ならば、所属支部から自動的に「火薬類無許可譲受票」が発行され、会員でない人には、住居地に近い猟友会に行って、狩猟者登録証と銃の所持許可証を提出すれば、この譲受票を発行してもらえることになっています(都道府県によって扱いが異なる)。購入する際には、火薬の許可証や譲受票を提出して、購入した火薬類の種類と数量を記入してもらいますが、そのときには、銃の所持許可書と狩猟者登録書を同時に提示する必要があります。無許可譲受票では、実包300発、雷管300個、火薬600gまで買えますが、この数量で足りなくなった場合には、@の方法により、狩猟用の火薬類譲受許可証が取得できます。@の譲受許可証、Aの無許可譲受票、ともに狩猟用とされており、その狩猟期間が終わると射撃用の火薬類を買うことは出来ませんが、これで入手した実包等を射撃場で消費する事はできます。

その他の規定―実包についてのみ。

●保管 自宅に保管できるのは800発が限度です。警察では危害防止上、その都度必要な数量だけを購入して、できる限り残りを少なくするように指導しています。
●運搬 列車に乗る場合、200発以内。バスに乗る場合、50発以内。船舶に乗る場合、400発以内。マイカーやタクシーで運べる数量限度は、保管が許されている数量、800発以内。航空機に乗るときは、機内持ち込み禁止ですが 、予め空港のカウンターに連絡、所定の箱を用意してもらって、トランク類と同様託送してもらえます。ただし一機に 積める限度があるため、初猟期のように多くのハンターが乗ることが予想される便では、早く申し込んでおかねばなりません。 
●輸送 郵送及び鉄道便手荷物輸送は禁止されています、厳重な包装をし、品名を明示してトラック便を使うのがよい方法です。
●消費 許可を受けないで消費できる数)―狩猟や鳥獣の駆除のためには一日100発。標的射撃には、一日400発。
●実包の製造 (許可を受けた者が無許可で製造できる数)―狩猟や鳥獣駆除用は一日100発。
●譲渡及び廃棄 (所持できなくなった)火薬類を他へ譲り渡すときは、公安委員会(警察)の許可、または廃棄する場合は、知事の許可を要します。
●取り扱い 火薬類は18才未満の者には取り扱わせられません。

本文中の*は都道府県によって異なることがあります。

狩猟免許の取り方 
1.狩猟免許とは

国内で狩猟を行う場合狩猟免許が絶対に必要です。これは外国人が日本国内で狩猟を行う場合でも同じです。狩猟免許を取るためにはどうすればよいか? を以下に記しますので参照して下さい。

2.狩猟免許の種類

狩猟免許は鳥獣保護法により規定されていて、以下の3種があります。

甲: わなによる猟の免許
乙: 装薬銃による猟の免許
丙: 空気銃による猟の免許
基本的にそれぞれの免許は対象とする猟法のみに有効です。例えば、甲免許で銃を使った狩猟は出来ません。しかし、最近法律が改正され、乙免許を持っているものは空気銃での猟が出来るようになりました。
注意 狩猟免許の乙、丙は銃器を使った狩猟を行うための免許です。猟銃を持つための免許は別に必要です。つまり、猟銃の所持許可と狩猟免許の両方を持った場合に狩猟が行えることになります。実際には狩猟者登録も必要になりますが。

3.申し込み

狩猟免許受験の申し込みは都道府県に提出します。通常は地元の猟友会が事務代行をしてくれるので猟友会事務所に申請書類を持って行くことが多い様です。もちろん、猟友会を通さないで直接役所に必要書類を提出してもかまいません。猟友会の会費負担や人間関係から猟友会に所属しない人もいます。個人の楽しみですからそれでもかまわないわけですが行政の告知等が猟友会を通してくる、猟場の情報やノウハウ共有などの利点も多いため私は猟友会に所属されることを進めます。一部運用等で問題のありそうな猟友会支部の噂も聞くことがありますが、新しい人がアクションを取らなければ今後も変わらないことでしょう。環境問題との共存が必要な狩猟において、もしも旧態依然とした猟友会の形態があるなら積極的に改めるべきでしょうね。

 

申し込みには写真2枚、猟銃の所持許可証(乙、丙)、または健康診断書が必要です。狩猟免許を受けるのに猟銃の所持許可証は必須では有りません。

4.講習会

通常、狩猟免許試験の前に猟友会支部主催の講習会が開催されます。この講習会は猟友会で申し込みを受け付けます。通常は狩猟免許申し込みと同時に申し込むことが多いようです。 この講習会は通常半日〜1日で、費用は5000円程度です。講習会を申し込むと狩猟読本と問題集が渡されます。これを事前にチェックし、講習会では試験に出そうな問題を中心に座学。そして実技があります。そうです、狩猟試験には実技があるのです。ペーパー試験だけではありません。したがって、周りに経験者がいない何も判らない人がいきなり狩猟免許試験を受けても合格するのは困難でしょう。クレー射撃のベテランでも猟場の作法と射撃場での作法は違うので事前知識無しでは実技の合格は難しいと思います。

確実な合格の第一歩は猟友会主催の講習会出席にあるといっても過言ではないと思います。

5.試験

適性検査

  視力  甲 0.5以上 乙、丙 0.7以上
聴力 10mの距離で90ホンの警告音が聞こえる聴力 10mの距離で90ホンの警告音が聞こえる聴力
運動能力 狩猟を安全に行える運動能力があること 狩猟を安全に行える運動能力があること

上記適性検査に合格しなければ以下の試験を受けることはできませんので  ご注意ください。

試験はペーパー試験と実技試験があります。 ぺーパー試験は7割正解が合格ラインです。

実技は免許の種類によって異なりますが、乙では,  銃の操作  狩猟鳥獣判別   距離判別 があります。

・銃の操作
狩猟銃の操作、知識 主に猟場を想定しての銃の保持等の実技

・狩猟鳥獣判別
写真、絵等を短時間(数秒)見て狩猟鳥獣か否か、狩猟鳥獣なら種類を回答する

・距離判定

距離を目視で測る。(35m、50m、300m)

  試験は通常その地方の猟期が始まる前で交付が初猟に間に合う時期に1〜2回程度行われます。

6.免許更新 

狩猟免許試験に合格すると知事から狩猟免許状が交付されます。有効期間は3年で3年後には更新講習を受けることにより更新することが出来ます。猟友会に所属すると更新講習の案内を通知してくれます。
狩猟免許が更新忘れ等で失効してしまうと猟銃の所持許可証の用途欄の狩猟が取り消されます。再度狩猟免許を取得した後、銃を使う猟をする場合は所持許可証の用途追加申請をしなければなりません。

7.狩猟者登録

実際に狩猟を行うためには狩猟者登録ということを行わなければいけません。有効な狩猟免許を持っているだけでは狩猟をすることは出来ません。
狩猟登録は都道府県単位で必要になります。例えば乙種免許保持者が北海道と山梨で猟をする場合、北海道と山梨県に別々に乙種狩猟登録を行わねばなりません。狩猟者登録の金額は各都道府県により違っていますので猟友会または役所に確認して下さい。
登録についても猟友会が事務代行を行いますが、直接個人で役所に登録することも可能です。
狩猟者登録を行わなくても狩猟免許は失効しません。ただ、狩猟が行えないだけです。 

 

書くと面倒なようですが、狩猟をするには必須です。ぜひチャレンジしてみてください。手続も、一連の流れなので、すぐに慣れます。 教習射撃も初心者用にあまり角度がないクレー(飛行標的)です。問題なくクリアーできると思います。(ちなみに私が受けた時は前の日に宴会があり思いっきり二日酔いでした。)試験で大事なことは銃器の分解組立のときに、絶対に銃口を人の居る方向に向けないこと(分解している状態でも)  です。(試験のときに限らず皆さんが、めでたく所持許可を受けられ、射撃場、 猟野で実際に銃を使われるときも、これだけは習慣にして下さい。絶対にです。)狩猟試験に関しては、カモ類の判別が多少、苦労するくらいで、講習会で居眠りをしていない限り大丈夫と思います。

      

かなり長くなりましたが、説明不足の点 、ご不明の点 、 又 御意見等は メールにて。 

メールはここから

メール アイコン

ライン