側湾症 むくみ 美容整体 骨盤矯正 オイルマッサージ

側湾症
ってどんな病気
    当院では側湾症についてのご相談を受けさせて頂いておりますので、遠慮なく
    電話や等でお問い合わせください
    (お願い、お問い合わせの時に分る範囲で結構ですのでコブ角(背骨の曲がり角度)等出来るだけ
    多くの情報を下さい。迷惑メイルの対策のためメールのタイトルは変更しないようお願いいたします
             


 よくある質問 Q&A

  Q 側湾症ってどんな病気ですか?

  A 側湾症は背骨が横方向に曲がる症状のことを言います。                       

脊柱横
通常背骨は前後にゆるいS字を描くように曲がっています。
その湾曲がクッションになり上半身の体重を無理なく骨盤を通して足に乗せているのです      

後ろから見るとまっすぐに見えます
脊椎の回旋

背骨が曲がると(側湾)曲がるだけではなくねじれ(回旋)
を伴います。
つまり側湾症は「側湾」と「回旋」が同時に起こるのです。
そのため背骨の横につながっている肋骨が後ろへ
飛び出すようになります。

そのとき傾くのは体だけではなく頭も傾くため
平衡感覚に支障をきたします、すると体は平衡感覚を保つため
今度は反対側へ傾くようになります。
そのため体が「くの字」や『逆くの字」なり、さらに
「Sの字」や「逆Sの字」の形になったりするのです。

  Q 側湾症のタイプにはどのようなものがありますか

  A 分類方法にはいくつかありますが代表的なものについてお答えします。

    【カーブの型によるもの

右凸胸椎型 右凸胸腰椎型 左凸腰椎型 逆S字型
  右凸胸椎型  右凸胸腰椎型   左凸腰椎型    逆S字型
胸椎型は右側に湾曲している場合が多く側湾の中でも多く見られるタイプです。肋骨のねじれが肩甲骨を押し上げるため外見上目立ちやすいです。 胸椎と腰椎にまたがるように湾曲していてこのタイプも多く見られます。カーブが長くなるため外見上胸椎型同様目立ちやすいです。 腰椎型は左側に湾曲している場合が多く。下部に位置するため比較的目立ちませんが成人では腰部と臀部に痛みや違和感を訴える人が多いようです。 S字型は逆S字型が多く2つの相反するカーブがお互いを打ち消すようになるため外見上目立たないことが多いです

 上記以外に「混合型」、つまり上記の側弯型と「猫背」や「漏斗胸」、腰椎の前湾症や
 後湾症等が一緒に発症するタイプが多いようです。


   【発症時期によるもの】

  側湾症の原因の多くは不明ですが中でも大部分を占めているのが
  特発性側湾症といわれるもので(特発性)とは原因のわからないという意味です。

 乳幼児期側湾症: 0〜3歳までに発症します、多くは治療なしでも自然に治ります。

 学童期側湾症 :  4〜9で発症、進行することが多く7・8割が悪くなることが多いようです。

 思春期側湾症 :  10歳以降思春期に発症、女子に多く見られる。半数近くが進行する。

 成人期側湾症 :  多くは思春期に発症していたのが分らなかったと思われますが、年齢
              とともに表面化したと思われるのもあります。そのほとんどが凝りや
             痛みから自覚することが多いようです。
   

   【その他の分類】

 構築性側湾症:  本来で言う側湾症のこと、背中にカーブやねじれがあり重くなると背骨が
             変形(多くはくさび形になる)したり筋肉が短縮してしまった側湾症。

 機能性側湾症:  仕事や生活の中で絶えず同じ動作をするなど生活習慣から来る側湾症で
             習慣を改善することで側湾症が良くなることが多い。

   多くの場合「構築性側湾」と「機能性側湾」の混合型が多く、構築性であっても機能性の
   部分を治療することでコブ角を半分にすることも可能です。
   側湾症から来る痛みを和らげたり側湾を現在以上に進行させないためにも
   手技療法は有効です

  Q どのように検査をするのですか

  A  現在では学校保健法で背骨の検査を実施することになっています。
     (学校により検査方法が異なることがあります)
     視診で左右の肩・肩甲骨の高さや背骨の曲がりを見たり「前屈テスト」(体を前屈させて
     背中の高さの左右差を見る)や「モアレ検査」(光学機器で背中に縞模様を映して
     歪みを見る)等が行われ必要に応じてレントゲン検査を行います。
     又病気からくると思われるような時は血液検査など必要な検査を行います。


  Q どのような治療するのですか。

  A  通常病院では30度を超えるまではレントゲン等を見ながら様子を見るることが多いです。
     多くの場合コブ角が45度を超え進行すると思われるときは手術対象になります。
     学童期や思春期でコブ角が20度を前後なら背筋に沿ってオイルマッサージをすると
     効果があることがありますが個人差が有ります。
     
     民間療法を受けるときは様々な治療法があり効果も治療法により異なるため、豊富な
     治療経験と効果の有無を確かめて相談してください。
     
     運動療法については医師や国により対応が異なるようですが、筋肉の拘縮をほぐすため
     にはやった方がいいという意見が多いようです。


  Q  装具はつけたほうがいいですか

  A  まだ成長期にある時でコブ角が30度を超えるようなときは装具をつけ進行を抑えた
     ほうがよいでしょう。(成長により装具が合わなくなったときは先生にお願いして身体に
     合う様に調整してもらいます)。

     入浴時や激しい運動をするとき以外は就寝時も装着しますが通常の運動は問題なく
     出来るようです。
     装具をつけることによる精神的な負担も大きいのでまわりの人の理解が必要です。


  Q  側湾症で痛みが出ることは有りますか。
 
  A  思春期に40度を超えると成人してからも進行することがあり背中や腰に痛みが出やすく
     なります。
     成人してからのゴルフや激しい運動で出ることが多く、育児や座りっぱなしの仕事で
     出ることも有ります。
     個人差はありますが運動療法などでよくなることもありますが逆効果になることも有る
     ので注意が必要です、専門家に指導を受けてください。


  Q  どのようなとき手術の対象になりますか。

  A  コブ角が45度を超え心臓や肺機能の低下などが起こると手術の対象になります、
     特に学童期や思春期では急に進行するすることがあるため注意が必要です。
     手術方法は症状により色々あるので経験豊富な先生に相談してください。
 
 ヒント  私の考えとしては、施設・設備が充実している・経験が豊富なことは勿論ですが
      大切なことは病院でも出身校でもありません。手術して頂ける先生個人の能力
     
です。できるだけ情報を集め、質問にしっかりと答えてくれ、信頼のおける
      先生を選んで下さい。
 


  むくみ
     41歳女性 会社員
    肩こりと足のむくみ、足関節の可動域保持(アダルトスティル及び慢性関節リュウ
    マチによる関節の変形からの制限がある)の為来院。
    むくみはリュウマチが原因で下腿部にかなり強く発生しています。
    患者さんはリュウマチを経絡指圧で治療しながら、関節は硬直を予防する為に
    通われていますが、女性として脚がきれいになるのはやはり嬉しい、とのこと。

    経絡指圧、関節アプローチ、オイルマッサージを併用して治療。
    1時間半から2時間かけて治療。

       治療前       同日治療後
   
この写真ではリュウマチによる足首の関節の破壊が進み、左足の腓骨は脱臼状態で、右足も亜脱臼の状態になっていて、左右共にかなり強くむくんでいる。本人は歩行にも不便をきたしもっぱら自転車を利用している。 左右の脱臼を矯正してオイルマッサージでむくみを取った。足首が楽になり良く伸びるようになった。とても同一の脚とは思えないほど細くなっている。

  側湾症 症例集・ 案内のページへ ・ 説明のページへ ・ O脚矯正と美脚矯正へ
       施術中のページへ ・ 整体教室のページへ ・ リンクのページへ