[花祭り]
 四月八日のお釈迦様の誕生日を祝う行事。潅仏会、仏生会ともいう。
 幼い頃に祖父に連れられて花祭りに行った記憶がある。
 今思うと、それは西本願寺の西別院だったらしいが、広いお堂の中に花で飾った壇があって、右手を挙げた小さな像が立っていた。
 大勢の人が集まっていて、柄杓でその像に何か掛けていた。
 お釈迦様が誕生した時の姿を表した像に、甘茶を掛けて祝っているのだと教えられた。
 甘茶と聞いて、何か特別においしい飲み物に違いない、と期待した私は、小さな茶碗に注がれた甘茶なるものを一口飲んで、たしかに甘いが何とも不思議な変な味なので、少しがっかりした。そして、こんな物をじゃぶじゃぶ掛けられている小さな像に同情した。
 しかし、春の暖かい日の差しこんだ明るいお堂の中で、花に囲まれ、甘茶で艶々と光ったお釈迦様の像と、その場の和やかな空気のことはよく覚えている。



西別院
写真は岸本英昭さんのHP「まわるまっし金沢」よりお借りしました。
http://www.fuji.ne.jp/~kissy/index.html

表紙へ戻る