[金沢の味]
 子供の頃は、何が金沢の味なのか、などということは知らなかった。
 日本中の雑煮は澄まし汁に四角い切餅を入れ、芹を浮かせたものだと思っていたので、味噌仕立てに丸餅で色々な具も入れる地方もある、と聞いた時は何か邪道のような気がした。
 治部煮や蕪寿司が金沢の物というのは後で知った。
 私にとって金沢の味といえば香箱蟹とふくのすじだろうか。香箱のきめの細かい味は他の蟹では味わえない。薄く切ったふくのすじがあればご飯が進む。
 甘えびの刺身は全国的に有名になったが、何だか他所行きの食物の感じがする。
 昔は醤油で煮てどんどん食べていた。これなら少し古くても食べられる。
 甘えび自体が昔はもっと獲れたのだろう。私には懐かしい味だ。
 近江町市場に行けば新鮮な魚が手に入った。狭い通路の両側に魚や野菜が一面に並び、魚を売る威勢の良いだみ声が飛び交って、笠の内側を赤く塗った電球に照らされた魚は生き生きとしていた。季節には蟹が山盛りになって売られていた。
 私の家では母がいつもここで魚を買ってきていた。
 「今日は海が時化とるさかい、いい魚無かったわ」などという会話を食卓でしていた。
今思うと魚については贅沢な食生活だった。
 ここで売っていた昆布でんぷが好きだった。舌触りがしっとりと細やかで味わいが深かった。今は近江町も観光名所になり、値段も上がったらしい。
 私の好きだった昆布でんぷも、作る職人さんが亡くなり、今は売っていない。








近江町市場

写真は「Sight-seeing Japan」の
HPよりお借りしました。

http://www2c.airnet.ne.jp/m-ito/sight-seeing/index.html

表紙へ戻る