<大朝日岳への稜線>
   
山頂に向かう登山道に
登山者、一人。

背負うザックの陰に
生業の“悲哀”が
見え隠れする。

留まる“悲哀”に、
苛立ちは募り
稜線の小石を砕く。