<大朝日岳と小朝日岳との稜線>
      
何処かに向かおうと山腹を横切るダケカンバ。そこに真直ぐ伸びようとする登山道。
行き先を邪魔された登山道は、不満を呟きながら蛇行を繰り返す。

   *******************************************************