<小朝日の北斜面>
        山をあげて押し寄せる紅葉に、心までも染まって行く。
      
     慌てて自分に立ち返ろうとするが、紅葉の勢いにそれもままならない。
     
        くれない色に波打つ山の斜面を、視線は音も立てずに転がって行く。
     
    **********************************************************