SCHMANN
Widmung, Op.25-7

シューマン
献呈 作品25-1



Du meine Seele, du mein Herz,
Du meine Wonn', o du mein Schmerz,
Du meine Welt, in der ich lebe,
Mein Himmel du, darein ich schwebe,
O du mein Grab, in das hinab
Ich ewig meinen Kummer Geb!

Du bist die Ruh, du bist der Frieden,
Du bist vom Himmel mir beschieden.
Daß du mich liebst, macht mich mir wert,
Dein Blick hat mich vor mir verklärt,
Du hebst mich liebend über mich,
Mein guter Geist, mein bress'res Ich!
僕の恋しいひと 僕の愛しいひと
君こそ僕の喜び 僕の苦しみ
君こそ僕の生きる世界
君こそ僕の目指す天国
ああ、君という墓に僕は
悩みを永遠に埋めてしまった

君こそは憩い 君こそは安らぎ
君こそ天から授けられたひと
君に愛されて 僕は生き甲斐もわく
君に見つめられて 僕は輝く
君に愛されて僕は伸びゆく
ぼくの恋しいひと 僕の愛しいひと

この曲は、シューマンの26曲からなる歌曲集「ミルテの花」の第1曲で、クララとの結婚式の前日にクララに献呈された曲です。

 詩はリュッケルト。
それにしても、「愛しいひと」の言い換えがこれほど多いとは・・・。
訳した人もかなり苦労してますね(原詩はニュアンスが微妙に違います)。
「ああ、君はお墓で、僕はその中に悩みを永遠に埋めてしまった」は微苦笑を誘いますが、熱狂的な恋は得てしてそんなものかも。

 私は生まれてこのかたラブレターを書いたことももらったこともないのですが、こんな風なんでしょうか(んなわけないか)。
それにしても日本語は恋愛に関する語彙が少ないですよね。。。

 曲はシューマンの最も幸せだった頃の作らしく、湧き立つような、あふれ出るような愛の仕合わせに満ちています。シューマンの後年は精神を蝕まれ、自殺を企てるなど不幸なものであっただけに、その仕合わせはより一層美しく響きます。



 
 
BGMはこちらより
BGM (C) 仙姑宮

背景画像はこちらより
background-image (C) La Boheme