/TOP /懐中時計一覧

懐中時計紹介トップ
〜ここでは懐中時計の使い方や各部分の機能説明等のご紹介を致しております。〜
懐中時計の歴史
 



懐中時計のルーツ........懐中時計の始まりは、オリヴァー・クロムウェルが使用した懐中時計で1625年頃の製作と言う説があります。
この懐中時計は、現在英国博物館蔵で時計師のジョン・ミッドナル作の物の言われています。
懐中時計はその後、時計としてだけではなく装飾品としても好まれ貴族や高級商人等に愛用されていく事になります。
16世紀に宗教改革の影響でカトリック教会に追い込まれたプロテスタント主導者カルヴァンは1541年スイスにとどまる事になります。
そのカルヴァンを頼りにフランス等から時計の技術者もスイスへ逃げて来たのがスイス時計産業の始まりと言われています。
後に複雑なカレンダー付や月齢を表示できる機能を持つ懐中時計も作るようになり、スイスの機械式時計が高い評価を受ける事となります。



懐中時計の機能と名称
懐中時計の機能と名称の画像

懐中時計の着け方
懐中時計の着け方・チェーンの種類
引き輪タイプのチェーンの着け方
引き輪タイプその1 引き輪タイプその2



引き輪タイプの物は場所に制限が少なく気軽に着け
られる便利な形状の物です。

基本的にはベルト通しの部分に掛けてズボンの
ポケットに懐中時計を入れる事が多く、ジャケット
や背広に着ける場合は内ポケットのループに掛けて
内ポケットに懐中時計を収納します。

チェーンの駒に引き輪を通す事で長さ調整を自由に
行えるのはこのタイプの特徴です。



ベルトクリップタイプのチェーンの着け方
クリップタイプその1 クリップタイプその2



クリップタイプの物は主にベルトや内ポケットに
引っ掛けて使う簡単な形状の物です。

基本的にはベルトに挟みズボンのポケットに入れる
方法やジャケット・背広の場合、内ポケットに挟み
内ポケットに懐中時計を収納する事がほとんどです。

懐中時計のブランドによってクリップの挟める厚み
がまちまちですが大体はズボンやポケットに対応し
ています。(シチズン・セイコーはクリップタイプ)


ピンタイプのチェーンの着け方
ピンタイプその1 ピンタイプその2



ピンタイプ(バータイプとも言う)の物は主に上着
に限定される部分が有り、現在販売されている
懐中時計にはなかなか付いてこないチェーンに
なっています。

基本的にはジャケット・背広のボタン穴に引っ掛け
る、内ポケットのループに掛けて内ポケットに
懐中時計を収納する事がほとんどです。

オシャレに身につけたい時に、このピンタイプを
着ける事でより一層高級感が演出されます。



懐中時計のメンテナンス
 





1・電池交換     基本的にお買い上げ時の電池は「製造時に組込んだ電池」が入っており
           ますので、電池寿命年数に満たないで止まる場合があります。電池交換は
           通常どのブランドの懐中時計でもお近くの時計専門店での交換が可能です。

2・使用環境    クオーツは磁気に弱いので携帯電話やパソコンの近く、スピーカーや磁石が
           有るところのそばには置かないで下さい。精度不良や故障の原因となります。
           懐中時計は時に衝撃に弱いのでぶつけたり落としたりしないようにご使用下さい。
           防水性能はほとんど無いため(一部除く)水や湿度変化にご注意下さい。
           蓋付きの懐中時計は必ず開閉ボタンを押しながら蓋を開閉して下さい。

3・オーバーホール 使用頻度にもよりますが、5年ごとの点検をお薦めします。
           電池を交換しても動かない場合等は要オーバーホールとなります。
           金額はブランドによって異なりますので当店へご相談下さい。
 
  




1・日常管理     機械式は一日一回は精度を保つ為にゼンマイを完全に巻く事をお薦めします。
           その際、竜頭が動かなくなりましたらそれ以上は力を入れないで下さい。

2・使用環境    機械式も磁気は帯びます。クオーツの説明と同様、ご注意下さい。
           懐中時計は時に衝撃に弱いのでぶつけたり落としたりしないようにご使用下さい。
           防水性能はほとんど無いため(一部除く)水や湿度変化にご注意下さい。
           蓋付きの懐中時計は必ず開閉ボタンを押しながら蓋を開閉して下さい。

3・オーバーホール 使用頻度にもよりますが、4年ごとの点検をお薦めします。
           進み遅れが著しい場合は要オーバーホールとなります。
           金額はブランドによって異なりますので当店へご相談下さい。




懐中時計ブランド別チャート
各ブランドチャートをクリックすると商品ページに飛びます。

Copyright (c) 1998〜2015 TAKEYA All Rights Reserved.
竹屋時計店が掲載している文章・イメージ画像はすべて無断掲載・コピーを禁じております。