<携帯の方はこちら>西宮・尼崎住宅ローン滞納・任意売却のご相談なら株式会社ベストプラン

   ホーム>滞納を放置すると

滞納を放置すると


一括返済を求める督促状が届きます。
これは
債権回収会社や保証会社へ債権が譲渡されたということです。
次は
「競売になる」ということを意味しています。

債務者があちこちからも借金があり、権利関係の整理が難しい場合には、債権回収会社や保証会社は裁判所に申し立てを行なって物件の差し押さえを行い、次に「競売」という方法をとります。

また、一部の債権者は不動産に抵当権を実行し、競売になった場合に、
不動産を売却した代金から債権の回収を図ろうとします。

早いところでは、
滞納して3ヵ月程度で、不動産の差し押さえの通知が届きます。

こうなると、
任意で不動産を勝手に処分することはできなくなります。

住宅ローン滞納による不動産の差し押えは、滞納者の特定の財産について、
法律上または事実上の処分を禁止し、裁判所がそれを売却できる状態にするための最初の手続きです。

つまり、
自宅が競売の対象となったということです。

そして、その後
「担保不動産競売開始決定」という通知が届きます

 


「早い相談が早い問題解決につながり早い出直しになります。」

一人で悩まずに、まずはご相談下さい。
あなたの現在の状況と将来のご希望を詳しく伺い、あなたにとって、
最も良い解決策をご提案させていただきます。



フリーダイヤル 0120-521-415


不動産の買取相談も受付けます!

 早い相談がなぜ大切かということをお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

「住宅ローン返済で困ったらという」小冊子を無料配布しております。
お気軽にダウンロード下さい。


(↑クリックするとメール送信ページに移ります。
メールフォームに必要事項を入力して、送信してください。)
 弊社ホームページは外注ではなく社内にて更新作業をしています。
 時々御見苦しい箇所があるかと存じます。お気付きの点がございましたらお手数ですが、
 0120-521-415
までお電話又はメールを頂きましたら修正致します。
 宜しくお願い申し上げます。
▲ ページ先頭に戻る 
スマートフォン版で表示