<携帯の方はこちら>西宮・尼崎住宅ローン滞納・任意売却のご相談なら株式会社ベストプラン

   ホーム>債権回収会社サービサーの役割とは

債権回収会社サービサーの役割とは


銀行などの金融機関は、回収が難しい「不良債権」を自社で回収業務は行いません。余計な手間と費用がかかるからです。

回収業務のための経費は、銀行などの金融機関にとって大きな負担となるのです。

そこで
債権回収の専門会社に債権の回収業務を委託します。

債権回収会社は、「債権管理回収業に関する特別措置法」(サービサー法)に基づいて
法務大臣から認可を受けて設立された株式会社で、一般に「サービサー」と呼びます。

金融債権を買い取ったり、債権回収業務の受託をしている会社のことです。

住宅ローンの事故債権の場合は、通常、債務者の債権そのものを
金融機関から債権回収会社(サービサー)へ移行します。

債権回収会社(サービサー)は回収業務の手数料を報酬とします。

ただし、
債権が移行されても、住宅ローンの債務そのものは消えるわけではなく、ローン残債金の支払い先が、金融機関ではなく、債権回収会社(サービサー)変わるということです。

一方、保証会社は代位弁済したものを回収しなければなりません。

代位弁済をした保証会社は、債務者に変わって金融機関に対して、
債務の支払いをしたわけですから、今度は
債務者に対して、代位弁済した金額と、その後の延滞利息・遅延損害金を請求する権利、求償権利が発生します。

したがって、保証会社は、債務の代位弁済をした後は、資金回収のため動きます。

もちろん債権譲渡を受けた、債権回収会社(サービサー)も債務者に残債務の支払いを要求します。

とは言っても、
債務者に対して厳しい取り立てをするということではなく、法的手続きを進めるということです。

  厳しい取り立てをするということではなく、
  法的手続きを進める
   映画やテレビなどの厳しい取り立てはしません。
  競売をすればお金が回収出来るのですから。
  今は何でも効率的になっています。

 


「早い相談が早い問題解決につながり早い出直しになります。」

一人で悩まずに、まずはご相談下さい。
あなたの現在の状況と将来のご希望を詳しく伺い、あなたにとって、
最も良い解決策をご提案させていただきます。



フリーダイヤル 0120-521-415


不動産の買取相談も受付けます!

 早い相談がなぜ大切かということをお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

「住宅ローン返済で困ったらという」小冊子を無料配布しております。
お気軽にダウンロード下さい。


(↑クリックするとメール送信ページに移ります。
メールフォームに必要事項を入力して、送信してください。)
 弊社ホームページは外注ではなく社内にて更新作業をしています。
 時々御見苦しい箇所があるかと存じます。お気付きの点がございましたらお手数ですが、
 0120-521-415
までお電話又はメールを頂きましたら修正致します。
 宜しくお願い申し上げます。
▲ ページ先頭に戻る 
スマートフォン版で表示