<携帯の方はこちら>西宮・尼崎住宅ローン滞納・任意売却のご相談なら株式会社ベストプラン

   ホーム>競売までの流れ

競売までの流れ


競売とは、住宅ローンなどを返済できなくなったときに、
金融機関などの債権者が裁判所へ申し立てることによって行われるもので、裁判所が不動産を強制的に、入札という制度で売ることです。

債務者が所有する不動産を、裁判所が差押さえて、
借入れの担保物件となっている不動産を裁判所が
強制的に売却することです。

裁判所が、最低売却価格(基準価格)を決めます。

それを元に、購入希望者がそれぞれ希望価格を入札して、
最も高い価格で入札をした人が、
その物件の所有権を得る(落札)ことになります。

競売の開始決定と同時に差押さえの登記が行なわれます。

これは物件の名義を、債務者から第三者に
移転されることを防ぐためです。

裁判所から依頼された不動産鑑定士が、物件を調査して、
最低売却価格を決めます。

その前に、
裁判所の、執行官が物件調査に訪れます。

執行官は、所有者が物件への
立ち入りを拒むと、
強制的に立ち入る権限をもっています。


ケースによっては、留守でも、開錠業者が鍵を開けて、
物件内に立ち入り、調査をしていきます。

裁判所の物件調査を経て、競売の申し立て後、
半年程度で入札が行われます。

一般の売買では、なかなか売れにくかったり、
物件の中を見ることができないなどの理由から、
基準価格は
一般の市場価格より3、4割安く設定されます。

一般に
市場価格の7割〜8割前後の価格で落札されることが多いようです。


 

「早い相談が早い問題解決につながり早い出直しになります。」

一人で悩まずに、まずはご相談下さい。
あなたの現在の状況と将来のご希望を詳しく伺い、あなたにとって、
最も良い解決策をご提案させていただきます。



フリーダイヤル 0120-521-415


不動産の買取相談も受付けます!

 早い相談がなぜ大切かということをお知りになりたい方はこちらをご覧下さい。

「住宅ローン返済で困ったらという」小冊子を無料配布しております。
お気軽にダウンロード下さい。


(↑クリックするとメール送信ページに移ります。
メールフォームに必要事項を入力して、送信してください。)
 弊社ホームページは外注ではなく社内にて更新作業をしています。
 時々御見苦しい箇所があるかと存じます。お気付きの点がございましたらお手数ですが、
 0120-521-415
までお電話又はメールを頂きましたら修正致します。
 宜しくお願い申し上げます。
▲ ページ先頭に戻る 
スマートフォン版で表示