Harumaki総研レポート>ウィまぐ見出し広告
Harumaki総研
定点観測ルポ(2004年11月22日)

-ウィークリーまぐまぐ見出し広告文-
(2004年10月版)

調査期間:2004年10月1日より31日
調査サンプル:期間中に配信された“ウィークリーまぐまぐ”の通常発行号及び増刊号すべて(10/1付ウィークエンドビジネス増刊は、総研宛てには9/30の夜に来ましたが、10月分としてカウントしています)


<調査結果>

※調査期間中に配信された“ウィまぐ”の数…34通

※業種別の回数
自己啓発…13回
美容健康…7回
金融…8回
結婚、自動車…各2回
ライフスタイル、転職…各1回

※10月のクライアント上位
1位SSI(5回)
2位ギガトレード(4回)
3位シティバンク、オリックス・クレジット(3回)


<今月の注目点>

自己啓発に新規参入相次ぐ
SSIやギガトレードなど、レギュラー(?)陣の出向がまた増えてきたようです。一方、自己啓発の分野では新規参入の動きがあり、競争がさらに激しくなっています。
例えば英語講座。“英語耳になれる人となれない人の差は紙一重!(11日付ビジネス版)”と新興のアクトニッシュ(…って読むの?)がアピールすると、“「キクゾー!」12月誕生!(いやーんばかーん、うっふーん…って、あれは林家木久蔵さんか)最短48時間の学習で海外旅行で困らないヒアリング力が身につきます(15日付ウィークエンドビジネス増刊の宣伝文より)”とアルクが切り返す…という具合。
頭を活性化するトレーニングでも、先行するSSIに対し、“脳が「 max60倍速!」京大と塾の研究で!ながめるだけ(21日付ライフスタイル版)”とアリスコーポレーションが殴り込んできました。

シティバンクの新たな対抗策
“VIPローンカード”と“マイワン”の争いに割って入ったシティバンク。“カードローンを金利や限度額で選びますか?(4日付ビジネス版)”というオリックスの挑発に乗ったかどうかはわからないが、“8.1%〜だし、最短10分審査だし、ポイントも無期限。言うことなし!(26日付エンタメ版)”とシティバンクが新しい切り口で対抗。ウィまぐ上では、最近この2社の争いになりつつあるようです。楽天傘下入りした“マイワン”は今後自社のショッピングサイトなどとの連携を強めていくんでしょうか。

|トップへ戻る|


|ホーム|更新|レポート|Web Gメン|川口|つれづれ|アーカイブス|掲示板|サイトマップ|