Harumaki総研レポート>ウィまぐ見出し広告
Harumaki総研
定点観測ルポ(2004年7月9日。8月2日修正)

-ウィークリーまぐまぐ見出し広告文-
(2004年6月版)

調査期間:2004年6月1日より30日
調査サンプル:期間中に配信された“ウィークリーまぐまぐ”の通常発行号及び増刊号すべて


<調査結果>

※調査期間中に配信された“ウィまぐ”の数…35通

※業種別の回数
自己啓発…11回
美容健康…9回
金融…5回
結婚…4回
転職、ファッション…各2回
自動車、コンピュータ…各1回

※6月のクライアント上位
1位ギガトレード(9回)
2位SSI(4回)
3位アルク、結婚情報センター(各2回)


<今月の注目点>

新たな展開も見せるギガトレードの猛攻
6月、何といっても目立ったのはただでさえ回数の多いギガトレードでしょう。月間出稿回数は調査開始以来最多の9回、4回に1回はギガトレードという計算になります。また、“10日で6キロ減”でおなじみのコピーにも変化が見られました。代表して2例を紹介。

>価格必見☆今までにない輝き⇒1カラット超の3連ダイヤで運気UP(22日付エンタメ版、24日付ライフスタイル版)
>速攻「7日で4kg減」を証明したダイエット!安心の本格派ダイエットサプリ(29日付エンタメ版)
…プロディーはバージョンアップが早いですね。4月に増強版の“プロディーEX”が出たと思ったら、今度は“新プロディー”だって。さらに“運気アップの3連ダイヤリング”まで登場しました。ギガトレードの一連の攻勢は、10年ほど前、費用の安い深夜帯のTVスポットに目をつけて急成長したエイベックスを彷彿させます。
しかし、これだけ宣伝量が多くなると、当然売上も急成長ということになるのですが、拡大期にはそれに伴う歪みがつきものです。三菱自動車もやはり10年ほど前の絶頂期にリコール隠しのヤミ改修が行われるようになり、その結果現在苦境に立たされてるわけですから。プロディーにはリピーターがたくさんいるそうなので、個人情報管理などしっかりやってほしいものです。

<今月の気になるフレーズ>

“癒し系タレントはいませんが、結果は出します!実力派の育毛法“
(クライアント:ヘアリジュー、7日付ビジネス版)

…確かに多いわな、特に大手の会社は(たいてい、胸も大きいです)。お笑いタレントが出てるのもあります。

|トップへ戻る|


|ホーム|更新|レポート|Web Gメン|川口|つれづれ|アーカイブス|掲示板|サイトマップ|