Harumaki総研レポート>ウィまぐ見出し広告
Harumaki総研
定点観測ルポ
(2004年5月10日。7月3日修正)

-ウィークリーまぐまぐ見出し広告文-
(2004年4月版)

調査期間:2004年4月1日より4月30日
調査サンプル:期間中に配信された“ウィークリーまぐまぐ”の通常発行号及び増刊号すべて


<調査結果>

※調査期間中に配信された“ウィまぐ”の数…36通

※業種別の回数
自己啓発…11回
美容健康…10回
金融…5回
転職、コンピュータ…各3回
結婚、自動車…各2回
<注>自動車保険は“金融”に入れてあります。

※4月のクライアント上位
1位ギガトレード(7回)
2位テクノウェッブ、SSI、インテリジェンス〈*〉(各3回)
3位エスプリライン、日本創芸教育、南青山アイクリニック(各2回)


<調査を終えて>

独走体制に入るギガトレード
ダイエット・サプリメント“プロディー”が絶好調のギガトレード。4月に広告を打った回数は実に7通と、全体の約2割を占めるあたりにその勢いが伺えます。なにしろ、“10日で6キロ減!脂肪解消を検査が実証!返品保証あり!”とくれば売れないはずがない。最近は『ヌーブラ格安』の一言をつけ加える例もあります。一方、年初に調査を開始して以来、まだビジネス版でギガトレードの広告を見た事がありません。この原則が崩れる日はくるんでしょうか。

英会話顧客争奪戦に異状あり
3月まで肩上がりで出稿を増やしてきたアルクも4月は1回限りの出稿(ちなみに4月からは“1000時間イングリッシュマラソン”をPRしている)。そのかわりに2つの異変が起こっています。一つは、これまで月1ペースで出稿してきたテクノウェッブが月2回広告を出したこと(9日付コミュニティ版、19日付ビジネス版)。“なぜ私たちの英語力は驚異的に上達したか?(9日)”が決め台詞として定着しつつあります(2/16付ビジネス版も同じコピーだった)。もう一つは、SSIの専売特許(笑)になっていた“英語脳”のフレーズを使うライバル業者の登場です。その会社の名前は“エスプリライン”。

■英語脳になる秘密の方法とは?
────────────────────────────────────
 「これだけ英語を勉強しているのにもかかわらず、話せないのはなぜ?」
   >> その原因を「スピードラーニング」は解決しました! <<
(4/16付・週末ビジネス)
さあ、どうするSSI(笑)?

常連化しつつあるソースネクスト
税込み2079円のパソコンソフトで飛躍的に売上を伸ばしているソースネクスト。1月・2月にオフィスソフト“スタースイート”の宣伝を1回ずつ行いましたが、4月は2度にわたって宣伝を展開。

『あらゆる書類をいきなりPDF化☆ありそでなかったほしかった!』(いきなりPDF、4/9付・週末ビジネス)
『常に最新!まるでカーナビみたいな地図!ゼンリン「全国地図」』(4/19付・エンタメ増刊)
5月も上旬に一度宣伝を打っており、常連クライアントの地位を伺いつつあります。

ローンの宣伝にも変化が
“300万円、8.7%”をめぐるオリックスVIPローンカードとあおぞらカード・マイワンの争いは4月にあおぞら側が広告を打たなかったので、現在一段落といったところ。そのかわり、他のライバルが幅を利かせようとしています。

『お金がない!ピンチの時に頼れるローンは?』(モビット、4/5付エンタメ増刊)
『急な出費に大活躍!最短30分で振込完了』(プロミス、4/21付総合版)
3月からスタートしているシティバンクカードの宣伝は、月初めに見出し文広告を出す傾向にあります。見出しじゃなければ、三井住友銀行系のアットローンや東京三菱キャッシュワンも広告を出しています。また、ウィまぐに広告を打っていませんが、アコムが無人契約機の案内役に同社CM出演中の小野真弓さんを起用するなど、消費者金融各社は新しい展開を加速しており、今後も要注目でしょうか。

Yahoo!とリクルートの提携の裏で
4/6付のエンタメ版見出しに、こんな広告が。

『超レア!稼げるアルバイト情報ならOPPO』
“OPPO”(「オッポ」と読む。くれぐれも「ポッポ」ではない)はオポチュニティ社(当時)が運営するアルバイト情報サイト。同業他社とあわせてYahoo!の求人サイトに情報を提供してきましたが、4月からリクルートとの独占契約になったので、アクセスが減らないよう宣伝を打ってきたようです。またOPPOは、独占契約前の3月にはYahoo!内でPRサイトを展開していました。一方で、OPPOはじめ同業各社はそろってYahoo!のライバル・インフォシーク(楽天)に情報提供を開始(リクルートも提供している)。それを受けて、4月のウィまぐでは、巻末に『求人情報大幅増!』をPRするインフォシークの宣伝も見受けられました。

*注:オポチュニティは2004年9月30日付で親会社のインテリジェンスに吸収合併されました。インテリジェンスのカウントには旧・オポチュニティの1回分がカウントされています。

|トップへ戻る|


|ホーム|更新|レポート|Web Gメン|川口|つれづれ|アーカイブス|掲示板|サイトマップ|