さくら だい
桜台コートビレジ
Sakuradai coat village

| ホーム | インデックス | 掲示板 | リンク | このサイトについて | 参加のご案内 |


作成日
2001/03/14  

最終更新日
2001/03/21

設計
内井昭蔵建築設計事務所

竣工
1970

用途
集合住宅

総戸数
40戸

所在地
神奈川県横浜市
    青葉区桜台

神奈川県目次

周辺地図

作成者
バーバ



のどかで坂の多い住宅街である桜台は、よく晴れた冬の午後など散歩するには もってこいのまちです。

そんなまちに建てられた、世田谷美術館を設計した内井昭蔵氏設計によるこの桜台コートビレジは
北西の斜面に建っている集合住宅。
通路はとても複雑になっていて、歩くと 迷路みたいな感じがしてとても楽しいです。

それはコミュニケーションを形成 するのは子供だという考えから、
子供にとって魅力あるスペースを確保するという 考えがあるからだそうです。


上の写真の通路を歩いてみたんですけど、向こうまで一本の通路があって、
その道 からそれぞれの家の玄関までまた短い連絡通路があるんですよ。わかりますか?

でその道にはその家の各々の人が植物などを少し飾ったりしてちょっとした 庭みたいになってるんです。
勿論通路を通る人から見えるので、すごく公的な庭。
それは 私的と公的のちょうど中間の空間です。縁側に近いものも感じます。
この中和剤のような空間があることが、
『独立性(プライバシー) と連帯性(コミュニティ)とを 同時に満足させる』という事なんだろうなと思いました。

この形が連続しています。テラスは人の目を気にする事の無い様になってそうですね。

台地の斜面に建っているので、景色がかなりいいです。
写真を撮った日は快晴だったので山とか見えてますね、気持ち良かったです。

完全なプライベートスペースを保ちつつ、人と人とのつながりを大事にする。
とても明るく健全なイメージを受ける建築でした。



(C) Copyright 1998 FORES MUNDI All Rights Reserved.