情報 目次

車掌に裁かれるJR

ISBN:
978-4-901203-34-7

発行:2006年10月

ページ数:254p

価格:¥1500+税

車掌に裁かれるJR

斎藤典雄

 

JR東日本の現役車掌が、福知山線事故、「いなほ」転覆、遮断機事故など続発する事件・事故を当事者として追及。車掌の仕事を何から何まで白状し、事故続発の背景にある労組対立と管理体制などにも言及する。

斎藤典雄(さいとう・のりお)

1955年山形県生まれ。
高校卒業後上京、75年国鉄に入社し新宿駅勤務。現在JR東日本三鷹車掌区、 車掌として中央線を完全制覇。国労組合員。 著書に『JRの秘密』『車掌の本音』(ともにアストラ)がある。

目次

第1章 第1章 続発する鉄道の事件・事故を当事者として追及する

第2章 車掌の仕事を何か何まですべて白状

第3章 事故続発の背景にある労組対立と管理体制

第4章 わが国労の分裂と再統一

第5章 車窓から味わう四季