情報 目次

原発暴走列島

ISBN:
978-4-901203-46-0

発行:2011年5月

ページ数:224p

価格:¥1429+税

原発暴走列島

鎌田 慧

原発の、何が本当なのか?
日本はどうなってしまうのか?
30余年ものあいだ、原発反対を訴えてきたルポライター・
鎌田慧が今こそ吠える!福島だけではない、日本全国で起
こりうる事故の可能性について過去からの丹念な取材をもと
に書く。日本の明日を憂う緊急出版。

鎌田 慧(かまた・さとし)

1938年青森県生まれ。
ルポライター。早稲田大学文学部卒。新聞・雑誌記者を経てフリー。自ら現場を体験し、作品を仕上げることで定評がある。
1970年代から原発問題に取り組み、関連著書に『原発列島を
行く』(集英社)、『六ヶ所村の記憶』(岩波書店 毎日出版
文化賞)などがある。ほか『自動車絶望工場』(講談社)、
『民主党 波乱の航海』(アストラ)など著書多数。

目次

第1章 大震災が切り裂いた安全神話

第2章 FUKUSHIMA'76夏

第3章 悪魔の選択プルサーマル

第4章 生かされなかったJCO臨界の教訓

第5章 東電の発表はウソだらけ

第6章 すでに破綻していた原発政策