情報 目次

文学少女図鑑

ISBN:
978-4-901203-49-4

発行:2012年7月

ページ数:128p

価格:¥1680+税

文学少女図鑑

萩原 收 撮影

街角で見つけた、本を読む美少女。 本に夢中になっているところに声をかけられ、 ふと目線をあげたときの無防備な表情。 好きな本について話す時の、幸せそうな笑顔。 総勢51名の、そんな一瞬をカメラに収めました。 本読みの彼女らが厳選する、本当にオススメしたい3冊を同時に紹介。 一人ひとりの生語りが、未知なる本への好奇心を刺激します。 中森明夫氏の特別寄稿つき!

萩原收(はぎわら・おさむ)

1962年生まれ。編集者。80年代なかば、出版社に入社。アイドル雑誌の編集をメインに勤務。退社後、契約社員、フリーランスとして、男性アイドル雑誌、写真集、PR誌、携帯サイトなどの制作に携わる。2009年、グレート義太夫の闘病エッセイ『糖尿だよ、おっ母さん! 』構成編集。2011年、今回の本のプロトタイプ、ミニコミ『文学少女』で初めて写真にトライ。『文学少女図鑑』は撮影のクレジットが入る初めての本になる。

目次

旬の作家を愛して


女流作家の世界観に浸る


文豪が紡ぐ言葉に酔いしれて


海外作家の小宇宙を覗いて


ひとの生き様から学んで


【コラム】文学少女たちよ! 中森明夫


文学少女プロフィール