無事に今年のリサイタルが終わりました。
お客様にとてもよい雰囲気を作っていただき、幸せに感じました。
ご来場いただいた方々、また、
当日に至るまで励ましてくださった方々、
本当にありがとうございました。

今回はチケットを印刷せず、事前のお申し込みと当日の受付という形式、告知もHPと手作りチラシ
のみ(DMは無し)でやってみました。
一抹の不安はありましたが、蓋を開けてみるとお申し込みは数日前に満員御礼、当日の受付も、
マナー最高のお客様のおかげでトラブル無く進めることができました。
改めて皆様に深くお礼申し上げます。
都内でリサイタルを開催すると、どんな会場を使用しても、既存のやりかたでは会場費その他で
絶対に赤字になってしまいます。(よほどチケット代を高くするとか、スポンサーをつけるとかすれば
話は別ですが、相当のビッグネームでないと無理です。)
以前から、演奏会の質を落とさずに収支均衡し持続可能な形はないものかと色々考えていました。

若い人たちが、立場問わず自発的にリサイタルを開催できる環境があれば、新たな潮流が生まれる
かもしれません。
ピアノ使用料や調律代をカットしてはならないし、使用料が安くても音響や楽器に問題のあるホールは
避けたいところです。
とすると、印刷代とチケット手数料かなあ、と思い今回実行してみたわけですが、
多くのお客様にいらしていただいたおかげで成功裏に終わることができました。
ただ、HP中心の告知や、あまりにも質素なチラシ、チケット印刷なしといったやりかたに異論も当然
 
予想されます。皆様の多彩なご意見を拝聴したいです。
               
                                                 國谷尊之

当日は雨の中、たくさんの皆様のご来場
ありがとうございました。





生徒の皆さんと記念撮影♪
お手伝いありがとうございました。



Photo by A.Hori